林業を仕事にするって女性でもできる?山師の昔を知って山仕事をしたくなった話

林業は女性もできる




こんばんは。セイカ(@seyca_ktd)です。

みなさん、「林業」と聞いてどんな仕事をイメージされますか?

セイカ
そりゃー、木をきって、製材所に売ったりするんじゃないの?

って漠然としたイメージを持つ人は多いんじゃないでしょうか。

私も実際に高知の山奥に暮らすまでは、こんな印象を持っていました。

林業ってどんな仕事?今と昔の山師の仕事を聴き比べしてみよう

わたしの夫である、ばたやんは「林業」をナリワイとして暮らしています。

以前、小学生から寄せられた林業に対する質問に答えたりもしていて、そういうのをよく聞いたりはしていました。

林業ってどんな仕事なの?子どもたちから「木こりに届いた、素敵な質問状」
こんばんは。せいか(@seyca_ktd)です。たまに出てくる私の彼の通称は「ばたさん」or「ばたやん」。林業をしたくて大阪から移住し、今現在の仕事は実際に山師として活動...

 

でも、知らない機械の名前や専門用語も多くて、どうしてもぼんやりしてしまう「林業」のイメージ。

しかしながら高知県の森林率が84パーセント、わたしの暮らす本山町は89パーセント、さらにクローズアップして、住まいのある汗見川地域は森林率がなんと98パーセント…!

山に囲まれた暮らしをしておきながら、山のことを知らないなんて、なんだかもったいない。

セイカ
昔の人たちはどんな風に山と付き合ってきたんだろう

なんてことを考えている時にとっても素敵なイベントが開催されました!

その名も「山と共に暮らす 山師の今昔」というイベント。

本山町汗見川地域で開催されたイベント「山師の今昔」

ばたやん
しっかり山のこと学んでいってや!施行地も山仕事する仲間も絶賛募集中!

このイベントの講師には、夫のばたやんと、同じ集落に住む77歳のおんちゃんの文一さん。

文一さんは高校を出てから70歳になるまで山師をしていた大ベテラン。

一方、夫のばたやんは地域おこし協力隊の林業振興員として山仕事をはじめ、卒業後は自分で林業の事業組合を立ち上げて、今年で3年目。

そんなふたりが語る、今と昔の山仕事。

内容がとっても素敵だったので、ご紹介していきます!

セイカ
林業がもっと身近に感じる仕事になったらいいなあ。日々の暮らしで木に触れることはあれど、山に触れることは少ないから、もっとたくさんの人に知ってほしいね!
ばたやん
ほんまに。その先に、子どもたちのなりたい職業に「林業」が入ってくれたらほんまに嬉しいんやけどなー!

「半林半X」の働き方が山での暮らしにはぴったり!

大ベテランの文一さんはまさに「半農半林」という生き方を長年されてきた方。

田んぼを多い時は約1町歩つくりながら、山仕事をしていたといいます。

文一さんの時代は、木材の買取価格も高かったこともあって、百姓として使う機械は山の稼ぎで買っていたんだとか。

夫のばたやんも、なんだかんだでやっぱり「半林半X」という生き方がスタンダードになっています。

我が家は1反の田んぼを耕していますが、それ以外にも花火師のバイトや、自分たちできった木を製材する仕事なんかもしています。

そういう意味でいえば、

セイカ
田舎暮らしをしていて、山が身近にある人はだいたい林業も兼業したらいいんじゃなかろうか

なんて風に思っちゃいますね。

山師の昔の話を聞いてたら、いかに今の山師が恵まれた環境で仕事をしているのかもすごく思い知らされました…。

本当に昔の人はすごい。

話を聞けば聞くほどに、運動量、筋肉の使い方なんかが今の若者と完全に違っているので、そりゃあれだけ田舎のじっちゃんばっちゃんが元気なわけだと納得します…。

セイカ
あっぱれ、田舎のじっちゃんばっちゃん…!

昔の林業って、山でどんな風に仕事をしていたのか?

木の伐り方

昔はもちろん「チェーンソー」なんかないので、すべて人力です。

木挽き

こちらが大ベテランの文一さんが実際に昔、山仕事で使っていたという道具たち。

これで30年生の木を、人力でギコギコきるんですよ…。すごくないですか…。

1日10時間労働で、30本きっていたそう。

ばたやん
休憩入れたりして、1本あたり15〜20分くらいできってたんやろなあ

木を山から搬出する方法

今は機械を使うので、あまり乾かさずにそのまま搬出しますが、昔は運び出すのも人力。

だから極力、乾燥をさせて搬出していたそうです。

尾根から谷に木材を集めて、「修羅」という滑らせながら搬出する方法を利用。

このあたりでは「スラ」と発音するそうな。

林業の最盛期だったころは、30年生の丸太を自力で持ち帰ったものが日当となり、それを飲み代にあてていたなんてお話もありました。

馬搬はやってたのか?

将来、馬を飼いたいわたしとしては、気になっていたのがこれ。

馬をペットとして飼う!と思ってたが、馬搬・馬耕を見て考えがガラッと変わった話
こんばんは。せいか(@seyca_ktd)です。生まれ育った場所がJRAのトレセンがある町だったこともあり、幼い頃から馬に触れる機会も多く、いつか絶対馬を飼うんだ!と、ずー...

 

このあたりでは、馬よりもどちらかというと、牛をつかった「牛搬」のほうがメジャーだったようです。

文一さんは牛搬をしてはなかったものの、知り合いにお願いしたことはあったそう。

仕事場へのアクセス

昔はみんな徒歩で、重たい荷物を背負って、泊まりがけで山仕事をしていたりしたんですよね…。

チェーンソーの出始めの頃なんかは、今みたいに樹脂製の部品ではなく、鉄やジェラルミンでできていたから、とにかく重たくてたまらんかったそう。

そんな鉄のかたまりを抱えて、山を登るだけでも息切れしそうですが、そこからようやく始めることができるのも超肉体労働とは想像を絶する…。

ばたやん
それに比べると、今はたいてい現場までは林道がついてるから、車で乗り付けることができるから楽チン。

実際にうちのメンバーも含め、女性の林業家もたくさんおるし、どんどん女性にも参入してほしい

いい山を残すためにはどんなことをしたらいいのか

ばたやん
「林業」とひとくくりに言っても、やり方は多様。人によって理想の山の形がちがうからね
セイカ
山づくりってそう考えるとむずかしいなあ
ばたやん
自分のやったことが何十年後という長いスパンをかけな結果が見えてこんし、そのスケールの大きさが難しさでもあり、おもしろさや、やりがいやと思う

いやー、奥が深すぎる。

山主さんによって、

「大径木を育てたいから、ゆくゆくは1haあたり70本に仕上げてほしい」

「とにかく今現金が必要なので…」

「皆伐して植え替えたい」

などなど、とにかく考えが多様。

その意向を汲んで、山師が山を仕立てる。

林業も農業と同じだなと思ったのが、野菜づくりと一緒で、種まきしたあとに密植したままでなく、成長が悪すぎるものやよすぎるもの、まがっていたり、虫食いのあるものは「間伐」(間引き)してあげる必要があるんですよね。

まさに間伐(手入れ)が必要な山が多すぎる今、完全に山の担い手不足で、その間もどんどん木は大きくなるばかり。

日本の山よ、どうなる!

ってのが今の日本の山の現状なわけです。

セイカ
なんか自分も山仕事しなあかん気がしてきたわ…
ジジ
母ちゃん、ついに山ガールになるんか!…ガールちゃうな、山かあちゃんか。

山と共に暮らす地域を存続していくためにできること

イベント参加者の方からこんな質問もありました。

「ここらへんの地域も限界集落ですが、高知県内には実際に消滅してしまった山村集落もあるわけで…。魅力ある山暮らしが消滅していくのを見過ごせん。どうにか食い止める方法はないろうか?

ばたやん
山には雇用を生み出すポテンシャルがある!

それを、うまく形にすることができれば、移住者を呼ぶきっかけにもなるし、人口減少に対する多少の歯止めにはなるはずやねん

山で暮らすことがお金になる。

結局、山村集落から若者が出て行ってしまったのは、仕事がないからという理由がほとんど。

でも資源はあるんですよね、すぐそばに。

資源を活かすも殺すも、そこに暮らす人次第。

セイカ
本当にとっても考えさせられるイベントやったなあ
ばたやん
経費的に見ると、一番効率がええらしいし夫婦で山やるかよ!?

実はすでにわたし、チェーンソーやユンボの操作資格をとっているので、この資格も活かすも殺すもわたし次第なんですよね。

林業女子デビュー!?山で実際に木を倒してみたら、快感でした。
こんばんは。せいか(@seyca_ktd)です。チェーンソー講習会に通って、正式に賃金をもらったり、ボランティアとしてもチェーンソーを活用できるようになりました。この後...
セイカ
ふう。林業か。縁のない話やと思ってたけど、世の中わからんもんですねえ…

というわけで、今後の経過をお楽しみに。笑

それでは今回はこれにて!ではまた!

おすすめ関連記事

結婚一周年って何する?私たち夫婦は今とこれからの人生について対談してみたよ

地方移住の真実を知りたければ「ローカリズム宣言」を読むと刺激的でおもしろいよ



スポンサードリンク







林業は女性もできる

ABOUTこの記事をかいた人

91年滋賀県生まれ。本山町地域おこし協力隊、 猟師見習い、フォトグラファー、ライターやってます。 カナダに永住する予定が、高知に移住し、山師の夫と結婚。0歳の息子と3人で山暮らし。 自分らで切った木で家をセルフビルドするのが直近の目標!