廃材使ってDIY!旦那がつくった鶏小屋がオシャレすぎて私が住みたい

鶏小屋自作






こんばんは。せいか(@seyca_ktd)です。

セイカ
田舎暮らしをしたら一番にしたいのは「ニワトリを飼う」こと。

これをほうぼうで言いふらしていると、わたしの彼が「クリスマスにはニワトリ小屋作ったる!」と宣言しました。

さて、それからしばらく経ちましたが、ようやく鶏小屋が完成…!

鶏小屋の製作費用は6,000円!廃材つかったかわいい鶏小屋。

15698229_958674097610876_7355151052431349232_n

おめでたい!クリスマスという期限までに作った彼の努力はすばらしいものでした…。


期限はあれど、作業が丁寧でいつも見習わねばと思うばかり。

2017年はわたしも「丁寧さ」を意識します!

しかも驚くのはすべて端材や廃材でつくられていて、かかったコストは基礎につかったブロックやメッシュの網くらいで6000円ほどだそう。

我が家はいつもそんな感じで、廃材をつかってやりくりしております。大家さんに本当に頭があがりません。

それではせっかくなので、小屋をご案内しましょう。

小屋の仕組みはまさに理想通りのもの!

雨樋

15871571_962763773868575_382370691656753448_n
自然素材である竹でつくった雨樋もあり。

鶏が止まれる階段木

中を覗くとこんな感じ。

15726433_958674174277535_576850596812153865_n

カナダでwwoof(海外で有機農業を学べるシステム)を通じて放浪していたとき、訪れたニワトリ小屋はだいたいこのスタイルだったんですよね。

ニワトリサイズの出入り口

ついでに、この鶏サイズの入り口もとっても可愛い印象があって、これも絶対付けたいと思っていたもの。

DSC_7995
これがカナダでお世話になった家の鶏小屋。

全貌はこれ。
DSC_7997

卵の取り出し口

肉用というよりは卵用に養鶏するのがメインなので、卵を取り出しやすいようにするのは大事なこと。

というわけで、それ専用の扉もあります。

15726296_958674077610878_394073479460432903_n
これが…

こうなる!
15665652_958674074277545_538192763136614326_n

上記で書いたニワトリサイズの出入り口は写真右側にある部分のことです。

ちなみに床が板なので、よく言われるのが「掃除がしにくそう」ということなのですが、これも無問題。

おがくずを敷き詰めて、こまめに掃除して、畑に循環させられたらなあと思っています。

昼間は土の上を駆け回ってもらうことになるだろうし!

あとは柵を設置すればいつでもニワトリ大歓迎でございます。

ああ、はよニワトリと駆け回りたいぜよ。
IMG_1981
アイミスユー。

わたし的!鶏を飼うためのバイブル本、また改めて熟読しようと思います。

自然に寄り添って、循環した農ある暮らしをしたい方にはおすすめの一冊。

というわけで、ニワトリが来る日、いよいよです!

おたのしみに!

ではまた。

 

SNSでも発信中!

Instagram


 









鶏小屋自作

ABOUTこの記事をかいた人

91年滋賀県生まれ。本山町地域おこし協力隊、 猟師見習い、フォトグラファー、ライターやってます。 カナダに永住する予定が、高知に移住し、山師の夫と結婚。0歳の息子と3人で山暮らし。 自分らで切った木で家をセルフビルドするのが直近の目標!