計り知れない効能をもった万能野菜「菊芋」の香りと食感に魅了される







こんばんは。せいか(@seyca_ktd)です。

いきなりですが、「菊芋」というお野菜を知っていますか?
PC170176
見た目はショウガのようで、わたしの彼もショウガと間違えてすりおろそうとしていたくらい。

この不思議なお野菜、めちゃくちゃおいしいので、知らないひとにはぜひ食べてほしい…。



「菊芋」にはこんな成分が含まれているそうな。


「菊芋」はキク科ヒマワリ属の多年草。黄色いお花を咲かせるのが特徴的。

別名が「エルサレムアーティチョーク」ということで、やっぱり食べ始めるきっかけになったのも、探検家の方が食べてアーティチョークに似ているから持ち帰ったというらしく。

そんな「菊芋」、最近ではダイエットに効果的だとか、あとは放射能や有害物質による健康被害を妨げる成分が含まれていて、今とっても注目を浴びているわけです。

わたしが以前勤めていた滋賀県高島市にあるソラノネ食堂でも、畑に植わっていたので、この時期になると定番メニューのひとつで、とっても楽しみにしていたのでした。

これだけ人間にいい影響を与えてくれる成分がたくさん含まれていながら、味もおいしいんです。

しかも育てるにしたって、一度植えると翌年も種芋があれば勝手に生えてくるから強いのです。


25歳女子がハマった「菊芋」の食べ方はこれだ

わたしが
ソラノネ食堂にいたころの定番は「菊芋の甘辛煮」でした。

それがどうしても食べたくて頑張って再現してみました。

というわけで簡単に作り方を説明すると…!

適当な大きさに切って片栗粉をまぶし、中に火が通るまで揚げる。
PC170174

あとは、それをみりん・しょうゆ(好みで砂糖)を好きな配合にして一旦煮詰めて揚げた菊芋を投入して一緒に炒め煮る。
PC170182
それだけで、できあがり。

片栗粉をつけて揚げたままのものをそのまま食べてもおいしい。

あとは、細切りにして炒め物にいれてもジャガイモをどこか感じさせつつ、菊芋の独特な香りがいい仕事してくれます。

というわけで、ぜひ今の時期にお楽しみあれ!

旬のものを旬のうちにいただく。これって本当に理にかなってることが多いので、実践するのみ!

それでは今日はこれにて。ではまた!

SNSでも発信中!

Instagram




スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

91年滋賀県生まれ。本山町地域おこし協力隊、 猟師見習い、フォトグラファー、ライターやってます。 カナダに永住する予定が、高知に移住し、山師の夫と結婚。0歳の息子と3人で山暮らし。 自分らで切った木で家をセルフビルドするのが直近の目標!