試したくなるよもぎの料理方法!よもぎのジェノベーゼソースは簡単にできて、パスタとの相性最高!

>>気に入ったらSNSでシェアしてね<<



こんにちは!食べる草に興味津々のセイカ(@seyca_ktd)です。

数年前からずーっとやりたかったけど、よもぎの摘みどきを逃してできなかったこと。

それは「よもぎのジェノベーゼソース」を作ることでした。

そのことをツイートしたら結構反応がよかったので、自分の備忘録も兼ねて、レシピや作り方を掲載しておきます。


食べる草を楽しみたい方や、よもぎが好きな方はぜひお試しください!

セイカ
ジェノベーゼが好きな方も騙されたと思って試してみてほしい〜!

よもぎのジェノベーゼを作るのに必要な材料

よもぎ

よもぎ ジェノベーゼ

なんといっても、よもぎが主役なのでこれがないとはじまりません。

食用にするには生えたてのころがアクが少なく、アク抜きする必要がないのでおすすめ。

私も愛用していますが、この若杉ばあちゃんのよもぎの使い方マニュアルは、よもぎ好きなら持っていて損のない一冊。

若杉ばあちゃんのよもぎの力

いつが食用として適しているか、お茶にするならいつがベストか、食用に適さない時期のよもぎの活用方法などが掲載されており、とても参考になります。

今回は5月中ごろに摘んだので、軽く塩でアク抜きをすることに。

くるみ

ジェノベーゼといえば松の実をよく使われますが、基本的にナッツ類ならなんでもおいしくできます。

カシューナッツ、アーモンドやくるみ、ツイッターではひまわりの種や黒焼き玄米で試された方も…!

家にあるナッツを活用しましょう。

あとは、味の要となるのが塩。

我が家が今使っているのは、姉夫婦が住んでいる地域でとれる塩です。

created by Rinker
琴引きの塩
¥570 (2019/10/23 12:07:21時点 Amazon調べ-詳細)

にんにく

あとは、にんにくも必需品!

高知県に住んでいると、超格安でにんにくが手に入るので、この環境は本当にありがたい…。

オリーブオイル

あとはオリーブオイルも必要。結構な量が必要なので、お財布に負担をかけすぎない価格のもので十分だと思います。

よもぎのジェノベーゼの作り方

それでは次はさっそくよもぎのジェノベーゼの作り方です。

作り方も何もありませんが、よもぎのアク抜きさえできれば、あとはフードプロセッサーやミキサー、すり鉢などで混ぜるだけ!

よもぎのアク抜き

お湯に塩をひとつまみ入れて、さっと色が変わるくらいまで湯がきます。

よもぎ ジェノベーゼ

それを水に放ち、しばらく放置。

よもぎ ジェノベーゼ

しばらくしたら、よく水気を切って、よもぎの全量を計ります。

よもぎ ジェノベーゼ

ちょうど135g!

よもぎの下処理ができたら、あとはフードプロセッサーで混ぜるだけ

材料も適当です。

セイカ
なんせズボラ女なんで…笑

一応、自分も忘れないように今回の分量を書いておくと…

よもぎジェノベの材料の分量
・よもぎ 135g
・オリーブオイル 130cc
・にんにく 2かけ
・くるみ 60g
・塩 適当

という感じです。本当にズボラ…!

これらの材料を一気にフードプロセッサーに入れます。

よもぎ ジェノベーゼ

そして混ぜる!

よもぎ ジェノベーゼ

混ぜすぎると繊維が際立ってしまうようなので、ほどほどのところで止めるのがポイントです。

あとは瓶詰めして保存すれば完成。

セイカ
ほんとにめちゃくちゃ簡単!

さっそく自家製よもぎジェノベーゼでパスタを作ってみた

どれだけ簡単に作れても、気になるのは味の部分。

さっそく作った数日後にパスタと和えて食べてみました。


そう!もっと草っぽいかなあと思ったんですが、全然そんなこともなく、想像を超えたおいしさでした!

これは毎年春にでも、春を感じるレシピとして我が家の定番に入れたいくらい。

少し塩気が足りないなと思ったので、我が家でよもぎのジェノベーゼパスタを作る時は、パスタの茹で汁(塩分入り)とお醤油を少し入れてみました。

盛り付けたパスタの上には、パルメザンチーズをあしらうと、よりコクが出ておいしくいただけます。

まとめ

ということで、以上よもぎのジェノベーゼの作り方をご紹介しました。

都市部や住宅街でもよもぎはたくさん生えているものですが、犬猫の糞尿がかかっているところも多いので、そういったところに注意しながら採取して作ってみてください〜!

そういう野草生活がお好きな方は、こちらの一冊もおすすめ。

よもぎに特化して、よもぎの活用を極めたい方にはこちらが絶対おすすめです。

若杉ばあちゃんのよもぎの力

ぜひ野草をお互い楽しんで、冬に溜め込んだ毒をデトックスしましょう〜!

それでは今回はこれにて。ではまた!









ABOUTこの記事をかいた人

91年滋賀県生まれ。元本山町地域おこし協力隊。 現新米猟師、フォトグラファー、ライターやってます。 カナダに永住する予定が、高知に移住し、山師の夫と結婚。0歳娘、1歳息子と4人で山暮らし。 自分らで切った木で家をセルフビルドするのが直近の目標!