出産間近に焦らないために!入院準備は前もって終わらせておこう




こんばんは。せいか(@seyca_ktd)です。

いよいよ来週から定期健診が週1ペースになります。

それだけ、いつ産まれてもおかしくない状況が刻一刻と近づいているわけで、さすがに入院準備をそろそろせんといかんね、というわけで、ようやく準備しました!

だいたい一般的にも36週くらいに終わらせておくのがよいとされているようです。

実際、産まれる直前って余裕なさそうだから、動けるうちに済ませておくのが本当によさそう。

入院中に必要なものはこんな感じ

  • 母子手帳
  • 保険証
  • 証明が必要な書類
  • 出産準備教室で使ったテキスト
  • 下着(産褥ショーツ、産前用ショーツ)
  • ブラジャー
  • ねまき
  • 入浴用タオル
  • 洗面用具、ヘアブラシ
  • タオル(大小)
  • 髪ゴム
  • スリッパ、または外履き用サンダル
  • 腹帯
  • 赤ちゃんの退院時の衣服(短下着、長下着、上着、おくるみ、おむつ)
  • 布おむつ希望なら布2枚
  • ティッシュ
  • 退院時の自分の着替え

 

その他は病院側で揃えてくれているようなので、思ったよりはそんなにありませんでした。

携帯の充電器やカメラは直前になって持っていくのを忘れないようにせねば…。

出産予定日が10月末ということで、今は半袖半パンでも過ごせますが、そのころになっているとだいぶ寒くなっていることが予想されるので、そのへんの用意も忘れずにパッキングを済ませました!

おまけで、おむつなし育児で使う予定の「おまる」も車内に積んでおこうかと。果たして役立つ場面はくるのか!

そんなこんなで、ひとつひとつチェックしてパッキングしていると「やっぱりこれも買ったほうがいいよなあ」というものも。

あとは陣痛時・分娩前に、テニスボール、軽食、タオル、ペットボトル飲料、ストローなんかも揃えておくとよいという説もあるので、これも近いうちにそろえようと思います。

臨月まであと3週間!買いそろえておきたいものリスト

紙おむつ

基本は布おむつと、おむつなし育児に挑戦してみたいこともあって、おまるを併用してやってみるつもりですが、出先では紙おむつに頼ろうかと思っています。

というわけで、無限にある紙おむつの種類…。

おしりふき

これもまたたくさん種類がありすぎるけど、直接赤ちゃんのおしりに触れるから素材は気にしてあげたいところ…。

赤ちゃん用の爪切り

聞いていると、赤ちゃんの爪はよく伸びるんだそうで、これは必需品なんだとか。買わねば!

ひとまずこれくらいあればなんとかなりそう。

家族、友人や知人から譲りもので赤ちゃんの衣服や前あきのパジャマをもらったりできたので、出費がだいぶ抑えられたのはありがたい限り。

おくるみに関しては、妹が自作してくれてプレゼントしてくれました。

赤ちゃんの衣服に関して、「コンビ肌着」とかいわれても全く意味不明で、実際使ってみないとよくわからんし、何が足りないのかも見えてこず。

あと赤ちゃんの衣服で必要なのは、外出時の寒さ対策で、「靴下」「上着」くらいかなあ。

入院準備を終えたら一安心。あとはゆったり、時を待つのみ!

今日ようやく準備を終えたら、一気に安心感からか、3時間も昼寝してしまいました。

これであとは赤ちゃんが産まれてきたいときに産まれてきてくれたら、それのサポートを母であるわたしがするのみ。

そして必死にもがくわたしのサポート役が旦那さんになるわけで。

最近、いろんな方の出産レポを読むのですが、やっぱりいざそのときにならないと、人によって赤ちゃんが産まれるシチュエーションが異なりすぎて、わからんもんですな…。

ドキドキヒヤヒヤしますが、赤ちゃんと対面できる日が待ち遠しい今日この頃です。

それでは今回はこれにて。ではまた!









ABOUTこの記事をかいた人

91年滋賀県生まれ。本山町地域おこし協力隊、 猟師見習い、フォトグラファー、ライターやってます。 カナダに永住する予定が、高知に移住し、山師の夫と結婚。0歳の息子と3人で山暮らし。 自分らで切った木で家をセルフビルドするのが直近の目標!