[高知]世界の郷土菓子を味わえる「miette(ミエット)」は県外からでも行くべきだ




こんにちは!セイカ(@seyca_ktd)です。

高知に移住して3年!

高知県内のおいしいスイーツを求めて、あちこちうろうろしましたが、中でもとってもお気に入りのお店があります。

セイカ
夫婦ともに高知市でスイーツ買うなら絶対ここ!と決めています。リピーターです!

高知市の洞が島にある「お茶とお菓子miette」

そんな感動的なお菓子が置いてあるのはこちらの「お茶とお菓子miette」さん。

P2040829
以前訪れた「BIOキッチンtutur」さんのすぐご近所さんでした。

皮膚科に行くのに高知市へ出るついでと思い、おすすめのケーキ屋さんをtwitter(@seyca_ktd)で募ったところ、教えていただいたのがこちらのお店でした。

ちょっと駐車場がわかりづらかったので、その地図だけここに載せておきますね。

P2040828

安楽寺の横にあるパーキングの1台のみの模様。

テイクアウトで4品のお菓子たちを購入!それぞれをご紹介!

P2040831
まずはこちらの2品。

 

P2040834
「いちごミルク」味のマカロン。ホワイトチョコレートのような味のクリームが間に挟まっており、食感もとっても好きな感じでした。

そしてこちらが「チョコミントサンド」。

P2040835

名前の通り、間にはミントクリームがサンドされています。

 

P2040836
ビターなココア味のクッキーにすっきりさわやか、でもガツンときつすぎないミントクリームが絶妙な感じでした。

焼き菓子はどれもおいしかったのですが、その後食べたケーキがおいしすぎました…。

それがこれ。

P2050824
オーストリアのお菓子「ラミントン」。

生地はレモンゼストで香りづけされており、そこにチョコレートとココナッツがコーティングされています。

P2050829
中身の写真。この柔らかさと味がなんとも絶品でした。

柑橘とチョコレートの組み合わせに、またココナッツの食感がなんとも飽きさせない。

そしてもう一品は温めていただく「スティッキートフィープディング」。P2050847

こちらもイギリスの昔ながらのお菓子らしく、はじめて食べるけどなんだか懐かしい感じがしました。

アールグレイの紅茶を煮出して黒糖、デーツの深い甘みのある蒸し焼き生地に、アングレーズソースがその下に敷かれており、上にはキャラメルソースがかかったお菓子。

温めることで両方のソースがとろっといい感じに生地と混ざり合ってこれがまた絶品この上ない…。

それぞれ珈琲、紅茶といただきましたが、最高の組み合わせでなくなるのが惜しいと思うほど。

これは次回はぜひともお店にあるカフェスペースでも楽しみたいと思いました。

そして食べながら、世界の郷土菓子をまとめたこの本が頭をよぎりました。

世界の郷土菓子をめぐる旅、わたしもやってみたい…。

 

「お茶とお菓子miette」の詳細はこちらから

お茶とお菓子miette
[住所]
高知県高知市洞ケ島町2-2
[営業時間]11:00-18:00
[定休日]
水曜日、木曜日
[電話番号]
088-823-7277

twitterアカウント(@miette_3)もあり、ここからも最新菓子情報を得られそう。

高知駅からも歩いて15分ほどなので、洋菓子好きな方はぜひぜひ行ってみてください。

セイカ
県外からでも絶対行ってほしいお菓子やさんです、ほんと!!

それでは今回はこれにて。ではまた!

 



スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

91年滋賀県生まれ。本山町地域おこし協力隊、 猟師見習い、フォトグラファー、ライターやってます。 カナダに永住する予定が、高知に移住し、山師の夫と結婚。0歳の息子と3人で山暮らし。 自分らで切った木で家をセルフビルドするのが直近の目標!