【ご報告】地域おこし協力隊の農業振興活動員として内定をいただきました!




スポンサーリンク



こんばんは。せいかです。

いよいよ明日、棚田コンサートというイベントがあります。

参考: 【イベント告知】天空の郷と呼ばれる絶景スポットで、「棚田コンサート」が行われるよ!/セイカの暮らし便り

私も参加予定でしたが、出店予定だった農家さんの体調不良のため、
残念ながら急遽不参加ということになりました。

ここ数年続けて開催されているようなので、来年は参加できればいいな〜。

さて、今日はよいご報告をば。

前から移住すると言っているが、いつするのか?



昨年10月に高知県の本山町に移住宣言をしたものの…
IMG_1549
参照:ジプシーとも呼ばれた無職24歳の女、高知県に移住することにしました/セイカの暮らし便り

しばらくは放浪の生活が続き、ようやく仮移住というか、
ひとまず本山でなくとも、高知県に拠点をうつしました。

参照:ひとまず高知県に仮移住しました!/セイカの暮らし便り

しかし、それでも全国から高知県内に放浪範囲が狭まったくらいで、
なかなか求めている暮らしをつくるってことができていませんでした。

でもまちがいなくこれから自分が生業としてやっていきたいのは農業。

農業一本で、と考えているわけではなく、
これからはもっと多様な農のあり方が存在していくはずと思っているので、
まずは自分が農産物を生産していき、そこから6次産業化をすすめる。

そんなときに、見つけた高知県の本山町の地域おこし協力隊の募集記事。

36

2番に注目。

農業!!!!!!!!!!!

しかも本山で。

こりゃ応募するっきゃない、ということでまわりからの推奨もあり、迷わず応募。

というわけで思いがけず、就職活動をすることに。



12月1日から書類応募がはじまり、その結果がわかるのは2月上旬。

ドキドキしながら、受け取った封筒を開くと、無事に2次試験(面接)のお知らせでした。

そして、とてつもなく緊張症の私は一週間前からストレスによる腹痛に襲われ…
そのままの気持ちで面接に挑み、終わったあとも自暴自棄に陥り、しばらく干物女のような暮らしが続いておりました。

が!

3月上旬またまた封筒を受け取り、中を開けると内定の通達!!!!

というわけで、いよいよ4月から本山町で農業振興活動員として活動がスタートします。

大量生産大量消費に見合うような既存の農のあり方でなくって、
個人レベルで無理なく生業としてやっていける形を模索していきたいと思います。

DSC_8368

本当に高校時代からあちこち色々旅してきて、
こんなところに日本人が住んでいたのか!っていうテレビ番組に絶対出てるでしょ、っていろんな人に何度言われた事やら。

趣味でも写真に没頭していたので、
そんな私がまさか農の道を歩むことになるなんて、自分でも驚いています。

でもやりたいことをやってきたからこそ、自分の本当にやりたいことが見つかりました。

参考: オーロラに人生を変えられた12歳の少女のお話

まだ24歳、されど24歳。

これから自分の体力がつづくまでの生業としてやっていきたいと思っています。

DSC_8725
わたしが4年前に農のある暮らしを志すきっかけともなった場所、インドのラダック。

参考: 国際協力に関心があり、海外勤務を目指していた私が日本で農を学ぶことになった3つのキッカケ

初心を忘れず、貪欲にいろいろ学びたいと思います。

というわけで、これから多方面でたくさんの方にお世話になると思います。

どうぞよろしくお願いしますm(__)m

それではまた!









ABOUTこの記事をかいた人

91年滋賀県生まれ。本山町地域おこし協力隊、 猟師見習い、フォトグラファー、ライターやってます。 カナダに永住する予定が、高知に移住し、山師の夫と結婚。0歳の息子と3人で山暮らし。 自分らで切った木で家をセルフビルドするのが直近の目標!