超簡単!自分で一流シェフの味がつくれる!「鹿レバーのパテ」に感激




こんばんは。せいか(@seyca_ktd)です。

わな猟免許を取ってから迎えるはじめての猟期。

先日ようやくはじめての獲物がとれ、そのときの想いなどを綴りました。

参照:仕掛けたわなにはじめて鹿がかかった!そこから考える自分と狩猟のこれから

それから、ほぼ毎日卓上には鹿肉料理があがるようになったわけで、極力捨てるところのないようにいただける分はいただくようにしています。

たとえば、こないだは「鹿の肺」をいただきました。

参照: 珍味を食す!鹿のフワ(肺)の味噌煮は酒のアテに最高!

そして今回は「鹿の肝臓」です。





鹿肉料理、奥が深い…

P1230649
ちゃんと整理して入れていないのでお恥ずかしいのですが、我が家の冷凍庫。赤いのはすべて鹿肉。

肉のブロックのところはカツにしたり、弱火でじっくり加熱してステーキとして食べると絶品。

そんな鹿肉をミンチにしたり、今回つくったパテにも大活躍なのがこれ


我が家のは業務用なので、超強力。

最近はスライサーがほしい…。



スライスした肉ならさらに料理の幅が広がりそう!

というわけで、日々研究しながら、試行錯誤で鹿肉を調理しています。

今回は「鹿のレバーパテ」に挑戦してみる

参考にしたのはこちらの方のブログ:鹿レバーのレバーペースト と クルミのカンパーニュ /ぐるぐるつばめ食堂

いや〜、絶品でした!

若干家にない食材とかもあったので、自己流にしたところもありますが。

【材料】
レバー     400g
A)玉ねぎ     1個弱(今回3/4個)
A)バター     大1
ニンニク     1個
唐辛子      小1/2
ナツメグ
ハーブ(オレガノ・コリアンダー)
月桂樹      1枚
塩         16g~18g
ガラムマサラ       5g
赤ワイン     12g

溶き卵       卵1個分
バター       50g

この材料をつかって、つくりかたはこちらのブログを参考にさせていただきました。

作ってる途中に、胡椒がない!ってなったので、彼がとっさに手にとったのはガラムマサラ。ほんのりカレー風味だけれど、それが吉とでたのか、とってもおいしくできました。

思ったよりも大量にできたので、一部は冷凍保存にしています。

自家製レバーパテ、実食!お味は…。

P1270726
レバーパテってなかなかおいしそうに撮るのむずかしいね。

P1270729
せっかくなので、ドライフルーツのカンパーニュと根菜類の豆乳スープ。そしてフランスのカベルネソーヴィニヨンの赤ワイン。

なんて贅沢…!!

そして食べてみると、感激…。

フランス料理を出してるビストロやレストランで食べる味はまさにこれ!激うま!!

確かに手間は少々かかるけど、全然惜しくない。とにかく自分でこの味が出せるのは感激もんです。

またレバーが手に入ったらやってみよう。

それでは今回はこれにて。ではまた!

SNSでも発信中!

Instagram












ABOUTこの記事をかいた人

91年滋賀県生まれ。本山町地域おこし協力隊、 猟師見習い、フォトグラファー、ライターやってます。 カナダに永住する予定が、高知に移住し、山師の夫と結婚。0歳の息子と3人で山暮らし。 自分らで切った木で家をセルフビルドするのが直近の目標!