自分を変えたい人へ贈る!人生のとっておきの一冊「エッセンシャル思考」のすすめ【書評・要約】




こんにちは!セイカ(@seyca_ktd)です。

「仕事がつらくてやめたい」

「人間関係も断捨離したいけど、どうすればいいかわからない」

「いつも何かの期日に追われてしんどい」

こんな風な感情を抱いたこと、ありませんか?

今もこんな風に悩むあなたにぜひとも贈りたい本があります。

その名も「エッセンシャル思考」という自己啓発本なのですが、ただの自己啓発本ではありません。

こちらは漫画版。

セイカ
タイムマネジメントやライフハックというよりかは、思考の改革について書かれた本です

読み進めていくごとに、「あ、こんな考え方あるんだ!」と発見があるので、ネガティヴに物事を捉えがちな人こそ本当にぜひ読んでみてほしいです。

エッセンシャル思考とは?


無駄を認識し、それを徹底的に排除して、今やるべき、やりたいことに全力を注ぐ。

エッセンシャルとは「本質」を意味します。少数である本質を選び取る。

本文中の言葉を借りると、

99%の無駄を捨て 1%に集中する

ということなのですが、生きやすくなるヒントがこの「エッセンシャル思考」にはぎゅっと詰まっています。

「人間関係でつかれてしまった…」

「仕事をやってもやっても終わらないし、やりがいが見いだせない」

という方にはもうかなりうってつけの一冊!!!!

「エッセンシャル思考」を読むだけできっとかなり救われます。

実際に知り合いでも、「エッセンシャル思考」を読んで、会社をやめた方や、新しい事業をはじめた方がいます。

ある意味では、自分の思考の断捨離ができるようになるのです。

漫画バージョンがおすすめな理由

漫画版の「エッセンシャル思考」がおすすめな理由をここではご紹介していきます。

漫画版を買う前は、原本を翻訳した「エッセンシャル思考」を持っていたのですが、それがとてつもなく文字だらけで読む気が起きなかったんですよね。

「あ、自分も活字だけやとそうなるかも」

って方には漫画版の「マンガでよくわかるエッセンシャル思考」が断然おすすめなので、ぜひ読んでみてくださいね。

ストーリー仕立てになっていてわかりやすい

恋愛要素もあって、ときめきながら楽しく読めるのが漫画バージョンのいいところ!

登場人物は、なりたかった学校の先生になったものの、まわりに合わせながら働いて、疲れてしまった田辺貴代、26歳。

そんな貴代の同級生が「エッセンシャル思考」を読んで人生が変わったということで、その本の大事な要素を教えてもらいながら、貴代も少しずつ、生きやすいようになっていくまでの過程を描いています。

忙しい人もすぐ読める!時短になる

漫画なのでとにかく読みやすいし、寝転びながらでも軽い気持ちで読めます。

活字の本は1週間経っても5ページくらいしか読めなかった私でも、漫画版だと30分ほどあれば読めてしまいました!

漫画版「エッセンシャル思考」を読んで印象的だったポイント3つ

セイカ
本の重要ポイントを私なりにぎゅっとまとめてみました

1.「やらなくては」「どれも大事」「全部できる」は無理である

これ私もそうでしたが、きっとどんな人も抱いたことのある感情なんじゃないでしょうか。

「やらなくては」ではなく、「やると決める」

「どれも大事」ではなく、「大事なものはめったにない」

「全部できる」ではなく、「なんでもできるが、全部はやらない」

どれも本当にあなたにとって大切なことですか?

ただ手放すのが怖いだけでは?

手放さないと、本当に望んでいるものは手に入れられないことがほとんどだってことが、この本を読むとひしと感じます。

誰かに仕事をお願いされたり、頼られたりするのは嬉しいことだけど、でもそれって自分はやりたいのか?

いつぞやどんどんその仕事量や依頼量が増え、押しつぶされてしまうのは、誰でもない自分なのです。

その責任は誰がとってくれるわけでもなく、自分がとることになる。

そのことも頭に入れておきたいポイント。

2.最高の成果を発揮する秘訣

エッセンシャル思考

エッセンシャル思考のポイント

ただただ、やりたいから、やりたいときにやる!っていうのでは、結局成果は生まれにくいんだとか。

「何をやるか」(正しいこと)

「なぜやるか」(正しい理由)

「いつやるか」(正しい時期)

この3つのエッセンスが交わるところで、成果がより出やすいとされています。

それを見極め、いつでも行動できるように、自分の時間を大切にすることってとっても大切なのです。

よくミニマリストの方達は「物を捨てることで見えてくるものがある」と言います。

家を捨てて、タイニーハウスに住む人もそう。

モノだけを捨てているように見えて、彼ら彼女らは、実は思考の整理もできているんですよね。

セイカ
思考と自分が持ってるものって直結してるのかも。そう思うと興味深いな…

長く働くことを美徳にしない。睡眠こそ何よりも大事

過労死の問題とかで昔に比べるとましにはなりつつありますが、日本はまだまだ残業バンザイ!みたいな風潮があります。

わたしの友人も「定時で帰ってくるんだよね。もっと残業してきてくれても」みたいなことを言ってる子がいて、

セイカ
私は夫には定時とか決めず、疲れたらすぐ帰ってきてほしいわ…稼げなきゃ私がその分稼ぐ!

くらいの勢いなんですが、まあそれくらいに残業バンザイ文化って残ってます。

でも本当は、自分が持ってる100%の力を出すには睡眠が大事だと科学的にも証明されているそう。

エッセンシャル思考において身につけるべきは「断る力」

断る力といえども、やっぱり上司からの圧力があったりして、断れないことってありますよね。

できないと前もってわかっていても、二つ返事で「できると思います」「多分大丈夫です」などと曖昧に受けて、結局できずに謝るはめになる。

セイカ
めちゃくちゃ、あるあるですよね…。

そんなことも汲み取って、本書の中では「上手な断り方」も7つのっています。

断り力を身につけることで、これからの人生きっとガラッと大きく変わります。

だって嫌なことを引き受けず、やりたいことをやって生きていけるということだから。

気になる方は「マンガでよくわかるエッセンシャル思考」でチェックしてみてくださいね。

最後に

Twitterのフォロワーを増やすことも大事だけど、その時間、大切な人との時間をないがしろにしていませんか?

他人からの評価を高めたくて、きれいな家に住んだり、かっこいい車を選んでいませんか?

他人目線の評価ではなく、自分目線の評価で物事をえらぶ。

あたりまえのことなんだけど、自分に当てはまるところが多いって人多いんじゃないでしょうか。

私もそうでした。

自己啓発本の中でも、ダントツおすすめとしてあがっている「エッセンシャル思考」ですが、読めば本当に納得の内容。

誰しもが簡単に今の暮らしにおいて、試すことができるからこそ、ぜひ読んで、取り入れてほしいです。

未来に不安を抱く生き方ではなく、未来にわくわくする生き方をするためにも、今自分がなにを選ぶか大事にしていきたいですね。

それでは今回はこれにて。ではまた!

その他おすすめ本の記事はこちらから

【書評】あんちゃ「アソビくるう人生をきみに。」は今いる環境を変えたい人におすすめしたい一冊!

堀江貴文「多動力」は無駄をなくして自由に生きるヒントをくれる一冊だ【書評】

はあちゅう「自分を仕事にする生き方」を読んで自分を武器に突っ走ると決意した



スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

91年滋賀県生まれ。本山町地域おこし協力隊、 猟師見習い、フォトグラファー、ライターやってます。 カナダに永住する予定が、高知に移住し、山師の夫と結婚。0歳の息子と3人で山暮らし。 自分らで切った木で家をセルフビルドするのが直近の目標!