また来たいと思える、人と人とがつながる「汗見川ひなまつりランチバイキング」




こんばんは。せいか(@seyca_ktd)です。

わたしが住んでいる本山町には吉野川の源流でもある『汗見川』という清流があります。

冬にはこんな美しい風景を見せてくれたり、
DSC_3738

夏は県外から泳ぎにこられる方もいます。
DSC_1473

とにかく水が透き通っていて、太陽が出ているときに映し出される色なんか本当に感激します。
DSC_1506
そんな汗見川地域も地域活動も盛んで、ものすごく活気があります。

イベントもよく行われていて、そのうちのひとつが今回レポートする「ランチバイキング」。

すでに何度か季節を変えて開催されていて、どれも100人規模のイベントとなっています。

前回の「クリスマスランチバイキング」の様子を記事にまとめてあるので、こちらもご参照あれ。

参照:汗見川クリスマスバイキングも大盛況!季節の食材をふんだんに食べよう!





何度でも訪れたい。心温まるランチバイキング

訪れた人の半数以上が「また来たい」と言ってくれるこのイベント。

前回も好評でしたが、今回は前回以上に好評で、町外からもたくさんのお客さんが来られていました。

そんな今回のメニューはこちら。

DSC_3782

これを見るよりも写真で見た方が早いので、恒例!「写真でみるランチバイキング」です。どうぞ。

写真でみる「汗見川ひなまつりランチバイキング」!

ひなまつりといえばこれ!
DSC_3795
ちらし寿司。

あとは赤飯も。
DSC_3805
地元の方がつくったもち米で蒸してつくった赤飯。蒸したてを味見したんですが、めちゃくちゃおいしかったです。

そして、おかず編。
DSC_3801
冒険家である友人も遊びにきてくれていたのですが、その彼が絶賛していたのがこちら。一口食べるとついつい何度も口に運びたくなるようなお味。

DSC_3804
こちらは大人気で、完売御礼!ここらの人はこんにゃくを手づくりしている方も少なくなく、その手づくりこんにゃくをつかった一品でした。

DSC_3799
こちらも大好評でした。干し柿をつかったなます。昔ながらの食材を生かした一品。

そして今回は、地元の嶺北高校とのコラボということもあり、高校生たちが考案したメニューも提供されていました!
DSC_3820
その名も「おいしそコロッケ」。しそパウダーと鹿肉を使った贅沢なコロッケ。

これは目の前で揚げたてです。
DSC_3826

その他にもいっぱい品数はあり、来てくださった方もお腹いっぱいになって帰ってくださったことだろうと思います。

メニューは季節に応じて変わるので、また時期を変えてぜひ汗見川へ遊びにきてみてくださいね。

今回も大盛況のうち終了!また次回もよろしくお願いします。

というわけで、今回も大盛況のうちに終わったランチバイキング。
DSC_3847
今回もまた100人に近い方が足を運んでくださいました。

DSC_3870
ものすごく活気があって、おいしそうに食べられている様子をみてこちらも嬉しくなったのでした。

また年内、何度かランチバイキングは開催されるようなので、ぜひぜひこちらの汗見川ふれあいの郷 清流館 Facebookページから情報をチェックしてみてください!

DSC_3788
春の訪れを感じる今日この頃ですが、風邪を引かぬよう、素敵な桃の節句をお過ごしください。

それでは今回はこれにて。ではまた。



SNSでも発信中!

Instagram












ABOUTこの記事をかいた人

91年滋賀県生まれ。本山町地域おこし協力隊、 猟師見習い、フォトグラファー、ライターやってます。 カナダに永住する予定が、高知に移住し、山師の夫と結婚。0歳の息子と3人で山暮らし。 自分らで切った木で家をセルフビルドするのが直近の目標!