[滋賀]おもしろいおじさんがいるこだわりうどん屋「うどんの花里」は一度食べると忘れられない味

うどんの花里




こんにちは。セイカ(@seyca_ktd)です。

地元・滋賀にうどん好きには見逃せないうどん屋さんがあるのです。

セイカ
滋賀にきて何を食べようか悩んでいる人にもおすすめのグルメ!

というわけで、滋賀県に観光に来られた方も「わざわざ滋賀に来てまで、うどんなんかいらんわ〜」と言わず、まあちょいと見ていってください。

本場讃岐で修行もしてきた、元保育士のおじさんの営む「うどんの花里」

場所は、琵琶湖の西部にある高島市新旭町

深溝郵便局の通り沿いにあります。

初めて行かれる方は迷いやすいのでご注意を。

その名も『うどんの花里』
DSC_0646

年配の男性の方が亭主なのですが、またその亭主が引き出しをいっぱい持っていて、話しているだけで、こちらもわくわくしてきます。

火起こし体験や、亭主が披露してくれる落語もまた面白いのです。

「うどんの花里」のうどんへのこだわり

さぬきうどんに関しては、こだわりにこだわり抜かれた、常に探究心があり試行錯誤の上、できあがったうどんのメニューの豊富さに驚きます。

IMG_0526
無農薬大豆を使用した自家製納豆のうどん。(数量限定)

納豆だけでなく、店内で使用されている豆腐や豆乳も自家製のもの。

そんな亭主は、もともと保育士さんだというから、驚きです。

食育が保育においても重要だということで、今のお店があるそうです。

そしてこのような本も出版されています。

 

 

それだけのしっかりした考えがあるため、店内には子どもが遊べるおもちゃ広場があったり、うどんにもこんなにこだわりが!

 

  • 滋賀県の讃岐うどん専門店。讃岐地方のうどんの作り方で讃岐うどんを打っています。
  • 滋賀県高島市に流れる伏流水利用。地下21mから地下水を汲んでいます。
  • 三種類の国産小麦粉をブレンド。デンプンなど加えない小麦粉独自の讃岐うどん
  • うどん打ち体験も店終了後行っております(予約制)。
  • 生うどん専門うどん通販
    国産小麦粉使用で全粒粉うどん、黒米うどんも通販で販売。

    手打ちうどん 花里のHPより引用


白砂糖の代わりに黒糖を使用していたり、化学調味料も一切使用していません。

小麦粉のこだわりももちろんすごいんです。

最近では麺の一部に全粒粉を使用したものや、地元高島産の無農薬黒米を混ぜ込んだうどんなども食べられる、本場讃岐で学んだことをそのままではなく、地元に融合するかのようなアレンジを加えていらっしゃるのがなによりも魅力的です。

そして、こちらもまた水のおいしい場所に位置しており、「かばた」のある針江地区からも近いです。

[滋賀]高島市観光なら針江の生水の郷「かばた」は必見!【ツアー要予約】
こんにちは。せいか(@seyca_ktd)です。滋賀県のここに行かずして滋賀県は語れんぞってところを紹介します。滋賀県は日本で一番大きなびわ湖があり、まわりは比良、比叡...

とにかく高島市は水がきれいで、おいしいんですよね…。

うどん打ち体験もできる!(要予約)

うどん打ち体験もとても楽しくて、おすすめです。

至って材料はシンプルだけれど、そこにうどん打ちの奥深さを感じることが出来ます。
DSC_0690
実際に自分で粉と塩水を混ぜ合わせるところからはじまります。

DSC_0749
手で揉んで、足で踏んで…

事前予約が必要なので、詳しくはうどんの花里HPをご確認ください。

特にお子さんを連れていかれても体験できることなので、すごくよい思い出にもなること間違いなし。

いやはや、こんなおもしろいうどん屋、他には見たことがありません。

個人でやってるとは到底思えない…。

でもやっぱり個人でやっているからこそのゆるさもあり、それがとても居心地がいいんです。

「うどんの花里」の詳細

a title=”DSC_8368″ href=”https://seyca.net/wp-content/uploads/imgs/a/b/ab6c604a.jpg” target=”_blank” rel=”noopener”>DSC_8368

茹でたてのうどんのため、茹で時間に少々時間がかかりますが、それだけ考慮していけばオッケーです。

またここをきっかけに、食について、自分の口から入るものが、いかに自分の健康と直結しているかを考えるきっかけになれば嬉しいな、とも思います。

[住所]滋賀県高島市新旭町深溝1435
[定休日]月曜日、火曜日
[営業時間]11:30〜15:00
[駐車場]車3台分あり

セイカ
うどんにこだわりがなかったとしても、たとえ蕎麦派だったとしても、騙されたと思って一度足を運んでみてくださいね!

それでは今回はこれにて。ではまた!

滋賀においでやす。おすすめ立ち寄りスポット記事はこちらから

[滋賀]高島市観光なら針江の生水の郷「かばた」は必見!【ツアー要予約】

滋賀旅行に欠かせない!愛農かまど炊き体験ができるカフェ「ソラノネ食堂」はマストスポット

[滋賀]離島好きの旅行におすすめ!琵琶湖に浮かぶ有人島「沖島」がおもしろいよ

 



スポンサードリンク







うどんの花里

ABOUTこの記事をかいた人

91年滋賀県生まれ。本山町地域おこし協力隊、 猟師見習い、フォトグラファー、ライターやってます。 カナダに永住する予定が、高知に移住し、山師の夫と結婚。0歳の息子と3人で山暮らし。 自分らで切った木で家をセルフビルドするのが直近の目標!