「中秋の名月・十五夜」の我が家の楽しい過ごし方。お月見って一体何するの?




こんばんは。せいか(@seyca_ktd)です。

今宵は月がきれいですね。

それもそのはず。

2017年の中秋の名月・十五夜は本日10月4日のこと。

旧暦の8月15日のことを指すので、新暦に直すと毎年変動があります。だいたい時期は9月〜10月。

お月見って何のためにするの?

唐の時代からお月見文化は育まれてきて、とっても歴史のあるお月見。

本来ならば、月見団子もお供え物であって、それはお月様自体が信仰の対象ともなっていたから。

もともとのきっかけは、月を愛でるための催しだったものが、だんだんと時代に応じてその趣旨も変わってきました。

今は「作物の収穫祭」という名目で祝われることが多く、その実りに感謝するということでお月見をするのが本来の目的なようです。

お月見って団子食べる以外に何するの?

すすきを飾って、お団子をお供えして食べる。そして月を愛でる。

ただそれだけでいいのです!

この時期は空気も澄んできてより一層ふだんよりも月がきれいに見える季節なのです。

自分なりのその月をただ楽しめばよいだけ。

セイカ
我が家も月より団子で、団子をいっぱい食べました。

わたしの人生史上初、お月見をしてみました。

自家製のきなこ白玉団子とみたらし団子。お供は、かりがねほうじ茶。

もちろん月を見ながら食べましたが、れいほくの夜はすでに寒く、旦那さんと凍えながら食べました。

満月はあさっての10月6日ですが、今宵の月も十分すぎるほどに明るく、そしてきれいでした。

まとめ

丸いものを見ながら、丸いものを食べるというのがなんだかおもしろかったので、我が家では毎年恒例イベントにしてもいいかもと思ったりしたのでした。

もともと天体観測が好きだけど、ひとりだとなかなかやらないので、こういう行事があると、家族を巻き込めるのもまた嬉しいもんですね。

秋はまだまだ深まる一方で、月がきれいに見える季節もしばらく続いてくれそうなので、中秋の名月を見逃してしまった方はぜひ他の日に月を愛でてみてはいかがでしょうか。

それでは今回はこれにて。ではまた!