[大阪]洋裁学校併設!さびれお洒落なカフェ「SEWING TABLE COFFEE」で一息。




こんにちは。せいか(@seyca_ktd)です。

わたしの親しい友人で、いつもどこからそんな場所の情報をかき集めてくるんだというほどカフェには詳しいひとがいて、その子がこんな素敵なカフェをおしえてくれました。

大阪の喧噪さを忘れそうになるカフェ「SEWING TABLE COFFEE」

大阪の枚方市にある『SEWING TABLE COFFEE』さんです。

京阪の星ヶ丘駅から丘をあがっていき、5分もかからないうちに到着します。

IMG_0699

完全に私の中での大阪のイメージは払拭される感じのカフェ。

…と言っても、この感じを見ただけでは、「洋裁学校やん!え?カフェ?」となりがちですが、ここの裏庭になんと納屋を改装した、流木のような色合いの木を使いつつ、なんだかそこに入ると時間をついつい忘れてしまうような空間がありました。

IMG_0696
カフェの入り口はこんな感じ。

IMG_0694
カフェオレボールの風合いがまたなんとも言えないくらいに渋くて素敵です。

IMG_0695
わたしは『テンコトースト』というネギをベースにしたアジアンペーストにチーズをのせたピザ風味のトーストと、サイホンで入れられた『レレ珈琲』というバカボンのレレレのおじさんが一番に脳内を踊り出してしまう感じの珈琲を注文。

ちなみに、これは生クリームを浮かせたコーヒーのこと。

店内には海を感じさせるものがあったり、旅関係の本も置いてあり、なんだかこの空間にいながら旅をしている、旅をふらっとしたくなる衝動に駆られるカフェです。

しかもドアがかなりオープンに開いていることもあり、時間によっては光の差し込みがなんとも美しく、風を感じるにはすごく気持ちがよい。

IMG_0697
カフェの近くでみつけた缶でつくられた花壇。

そしてそんなカフェのホームページには、こんなことが書かれています。

SEWING ー繕うー という言葉から色々なことが連想されます

気持ちを繕う、時間を繕う、人と人を繕う、
色々なことが縫い合わさって、あらゆるカタチが想像されていく

SEWING TABLE COFFEE はそんな存在でありたいと思っています


そしてここは昭和初期に建てられた古い洋裁学校の奥の庭にあり、
桜の木に守られるようにある納屋が
SEWING TABLE COFFEE です 

一杯のサイホン珈琲から、旅先で出会うような、
あるがままの光りや風を見つめることができるかもしれません

SEWING TABLE COFFEEのHPより引用

まさに!うんうん、と納得してうなずける、この通りのカフェなのです。

お店の裏には『SEWING GALLERY』も併設されており、展示物を観覧できたり、運が良ければイベントに出くわすことができるかもしれません。

室内に入った奥は、名の通りの洋裁教室もありました。

家の近くにあったらぜひとも通いたくなる雰囲気です。

洋裁学校併設!オシャレで風通しのよい素敵カフェの詳細

『SEWING TABLE COFFEE(ソーイング・テーブル・コーヒー)』

[住所]〒573-0013 大阪府枚方市星丘2-11-18 星ヶ丘洋裁学園内
[営業時間]11 : 00 – 18 : 00
[定休日]月、火曜日 ※定休日が祝日であってもお休みとなります
[最寄り駅]京阪交野線 星ヶ丘駅より徒歩5分弱



スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

91年滋賀県生まれ。本山町地域おこし協力隊、 猟師見習い、フォトグラファー、ライターやってます。 カナダに永住する予定が、高知に移住し、山師の夫と結婚。0歳の息子と3人で山暮らし。 自分らで切った木で家をセルフビルドするのが直近の目標!