両親が離婚。子どもの気持ちを勝手に代弁させてもらう

両親離婚




せいか(@seyca_ktd)です。

「離婚」は今では3人に1人が経験していると言われています。

わたしの両親も他でもなく、わたしが19歳のときに離婚しました。

ある程度、子どもが大きくなってからの離婚だとこちらも両親それぞれの話を中立的な立ち位置で聞くことができるし、子どもの成長にはさほど影響はないと思っています。

むしろ家庭内での喧嘩が勃発していたり、なんとな〜く子どももそこに居づらい雰囲気があったりして、両親にとってはもちろんのこと、子どもにとってもいい影響はないでしょうね。

ただ離婚後も、子どもにとっては嫌なこととか避けては通れないことがあるんですよ。

そのあたりを離婚した子どもを勝手に代表して、ズバッと気持ちを言わせてください。

子どもにとっては親はいつまでも親。悪口は聞きたくない。

円満に別れる家庭もあるようですが、たいてい離婚すれば憎しみあって別れる家庭が多いです。

我が家は後者で、この先も両親が顔をあわせることはないでしょう。

しかし、子どもからすれば両親2人ともが親だという事実に代わりはなく、お互いの前でその話は出さないように気を遣っていますが、どうしても話さないといけないこととかでてくるんですよね。

たとえば、結婚披露パーティーを行うときに、両親どちらかが参加するとどちらかは参加しないことになりますよね。そこを嘘ついて「お父さんは来ないからお母さん来てね」と言ったところで、当日出くわしたらめちゃくちゃ気まずいですよね。

離婚をするということは、ストレスフリーになるメリットもあるけれど、必ずどこかで子どもは気を遣うことになるのを忘れないでほしい。

それだけでも疲れるのに、さらに両親が別れたはずの元パートナーの悪口を言うのは、もうただの嫌みや妬みにしか聞こえません。

だからどうか離婚した親である人は、いくら思うことがあったとしても、大人の振る舞いとして元パートナーの悪口を子どもには言わないようにしてください

離婚して、両親それぞれが幸せならそれは子どもの幸せになる

わたしの両親ともそれぞれ新たにパートナーをみつけて、新しい暮らしがはじまっています。

子どもの立場として、人によっては、自分が置き去りにされた気になって寂しいと感じたりするかもしれませんが、これはとってもうれしいことです。

だって離婚してからも一人でいられる方がきっと親も寂しい思いをするだろうし、だからといって子どもであるわたしがずっと付きっ切りでいるのも何か違う気がしてしまいます。

だから両親自身も離婚したことを負い目に感じる必要は一切ないので、たった一度きりの人生を思いっきり楽しんでください。

子どもが大きくなってから再婚したパートナーは親にはなれない

10代のときに祖母から言われました。

「あなたのお母さんは別にいるけれど、お父さんと再婚した人もお母さんだからね。だからお母さんと呼ぶのよ。」

これは無理です。

どうしたって、お父さんの新しい良きパートナーというくらいにしか捉えられないし、それでいいと思っています。

まわりが強制したところで、子どもを苦しめるだけなので、子どもが新しいパートナーのことを「お母さん」と呼びたければそう呼べばいいのです。

また子どもの気持ちが追いついていないのに、無理やり新しいパートナーに会わせようとしないでください。

まずは親と子の関係性をしっかり築いてから、新しいパートナーに会わせるのが、すべての関係性がうまくいく何よりの近道です。

新しい家族ができても、子どもである私のことを忘れないで

これは年齢が低ければ低いほど思うことだと思います。

セイカ
離婚したのは子どものせい?だったら私がいなければもっと早く離婚できたのかな…。

子どもにとって一番つらいのは、離婚できなかった理由あるいは離婚した理由を子どものせいにされることです。

子どもに罪はありません。

親同士の問題で起きたことです。

だからたとえ離婚して新しい家族ができたとしても、子どもとコミュニケーションをとることは欠かさないでほしい。

義務化されるのもなんだか違う気がするけど、子どもからすれば「家族である」という事実は籍を抜いていたとしても変わらないことをどうか忘れないでください。

特に子どもが大学生になってから離婚する人が最近増えていて、我が家もそのケースのひとつです。

だからといって「別れたかったけどあなたのことを考えて我慢した」と言われても、子どもとしては非常に困ります。

自分のとった行動を、子どもを理由にしないでください。

両親が離婚してもうすぐ10年。今思うこと

わたしの場合は、ほぼほぼ熟年に近い離婚でした。

だからこんな風に冷静になって物事を捉えることができますが、これが思春期だったりしたならば、もっと「離婚」に対する考えは変わっていただろうと思います。

それでも、子どもにとっては離婚してもしなくても「親」でい続けてくれるだけで十分なのです。

今離婚を考えている人の参考になるところがあれば幸いです。

また離婚してから子どもとの関係性に悩む人もぜひこの記事を参考にして、子どもとの心の絆だけはどうか繋いであげてください。

それでは今回はこれにて。ではまた!




両親離婚