[長野]ジブリ「風立ちぬ」の世界観を味わえる「氷壁の宿・徳澤園」に泊まってみた




こんばんは。せいかです。

長野県松本市にある観光地の「上高地」にはたくさんの有名な宿があります。

上高地といえば、山あり川ありの自然豊かな場所でアウトドアが好きな方はもちろん、ホテルやレストラン、お土産やさんなど観光スポットもあるので老若男女が楽しめる場所です。

DSC_6322

その上高地から、今回は「氷壁の宿・徳澤園」というお宿をここではご紹介していきます。

山好きが訪れる宿「氷壁の宿・徳澤園」は宮崎駿もお気に入りの宿

山が好きな方ならもしかしたら知っておられるかもしれません。

というのも、そのお宿はなんと、上高地からだと徒歩で1時間半ほどかかる場所。

交通手段は徒歩のみです。

なぜそんな辺鄙な場所かと言うと、そこは山小屋だからです。

そして、また噂では今回ご紹介する宿「氷壁の宿 ・徳澤園」はジブリ映画の生みの親である宮崎駿さんもお気に入りのスポットなんだとか。

作品の中では、2013年に公開された宮崎駿監督が長編映画の製作はこれが最後だといって話題を呼んだ作品「風立ちぬ」。

 

この作品の中に出てくる「草軽ホテル」という宿があるんですが、そのホテルと今回紹介している「氷壁の宿・徳澤園」がどこか雰囲気が似ているとの説もあるんです。

「草軽ホテル」の雰囲気はこの動画を見てもらえれば、お分りいただけるかと…!


この動画の3分7秒あたりに出てくるホテルです。

実際に「氷壁の宿・徳澤園」に泊まってみた感想

宿までのアクセスは「徒歩」で1時間半!

セイカ
宿まで1時間半も歩くってどんな過酷なんや…。

わたしが訪れたときは生憎の雨。
DSC_6328

晴れてたら気持ちがよいんだろうなあと思いながら、トコトコ宿に向かって歩きました。

川縁に沿って歩けたり、ひたすら森の中を突き進んでいくので、晴れていたら本当に気持ちがよい場所です。

DSC_6654

雨はあらゆるものの見方を変えてくれたりするので、個人的に雨は大好きです。

道中、トイレ休憩できる場所が限られているので、お気をつけあれ…!

宿に到着

そんなことを考えながら歩いていると、宿に到着。

DSC_6595

赤い屋根が特徴なので、宿が出てきた瞬間、「おお!風立ちぬの世界!!」となります。

DSC_6532

「氷壁の宿 ・徳澤園」という宿なんですが、この氷壁の宿というのは、作家の井上靖が書いた『氷壁』に出てくることからついているんだとか。

到着するとすぐにスタッフの方が丁寧な接客で対応してくださいます。

雨でぼとぼとになったものを乾燥室にすべて入れて、部屋へと向かいます。

乾燥室があるあたり、さすがは山小屋!

宿泊部屋

こちらが宿泊した部屋。

緑が映えていて、バルコニーが印象的でした。

DSC_6461

「風立ちぬ」を知っていると、どことなくその世界観を感じてしまう…。

映画に出てくる「草軽ホテル」の二郎が泊まっていた部屋にしか見えない。

セイカ
ここから二郎は菜穂子の部屋に紙ひこうきを飛ばすんやなあ。

と、だんだんと自分自身が映画の世界へ入り込んでいき、一緒に同行していた妹と共同作業で紙ひこうきを飛ばすことに。

DSC_6556

妹が投げて、結局それをわたしが拾いにいきました。

そこに恋は実るはずがないので、達成感だけ得て、そのまま終了。

男女で行かれた際は、ぜひおためしくださいませ。

きっと二郎と菜穂子のような燃えるような恋愛関係になるでしょう。

それでは部屋のライトつけます。
DSC_6462
こんな感じで広々としていて、ゆったりくつろぐことができます。

お風呂

そしてお次はお風呂。

温泉ではないのですが、すごく気持ちがよかったです。

石けんも自然環境に配慮したものを選んでおられます。

 

我が家でも愛用している「パックスナチュロン」の石鹸シャンプー。

ボディーソープも同じメーカーのパックスナチュロンのものでした。

こういった自然豊かな場所だからこそ、自然環境に負荷を与えないようなものを使うって理にかなっているというか、とっても素敵なことだな、と。

食事

そして、忘れてはいけないごはんの時間。
DSC_6515

 上高地 氷壁の宿 徳澤園では、

夕食・朝食とも、自家農園にて栽培した野菜や、地元で採れた山菜等を使用し、

あたたかみのある信州の田舎料理をご用意いたします。

【引用先:氷壁の宿 徳澤園

 

地元の山菜や、鮎やお肉、お豆腐、酢の物、全部おいしかったです。

長野産の赤ワインと一緒にいただきました。

そして食後は、ロビーでゆったり。
DSC_6509
この雰囲気もなんだか映画に出てきてもおかしくない感じです。

ちなみに山小屋なので、チェックアウトの時間が朝8時半までと比較的早いので、宿泊だけを目的とする場合は要注意です。

ここの宿に併設されている『みちくさ』というカフェでいただくカレーやソフトクリームもおいしいので、そちらもおすすめ。

DSC_6955

一説では以下のリンク先にあるような記事、【草軽ホテル】風立ちぬのロケ地まとめ【軽井沢】もありますが、宮崎駿監督も実際この宿に何度か来られているようですし、おそらく何かしらの要素はここでも感じられます!

ってことで、上高地自体も素晴らしく美しい場所なので、おすすめの宿です。

徒歩で片道1時間半かけないと泊まれないっていうのも、ちょっとレア感があって、そこもまた魅力かと。

 

山好きなら一度は泊まりたい「氷壁の宿・徳澤園」の詳細情報

氷壁の宿 徳澤園

[住所]〒390-1516 長野県松本市上高地
[料金]1泊2食付12,000 円〜

宿泊部屋も和室、洋室、相部屋などそれぞれの用途に合わせて選ぶことができるので、一度ホームページを確認し、予約することをおすすめします。

ちなみに冬季は営業していないので、ご注意を。

それでは今回はこれにて。ではまた!



スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

91年滋賀県生まれ。本山町地域おこし協力隊、 猟師見習い、フォトグラファー、ライターやってます。 カナダに永住する予定が、高知に移住し、山師の夫と結婚。0歳の息子と3人で山暮らし。 自分らで切った木で家をセルフビルドするのが直近の目標!