顔から全身に広がる発疹は「貨幣状湿疹」かも。かゆみの原因は乾燥です。




こんばんは。せいか(@seyca_ktd)です。

ブログ毎日更新を目指しながらも、ここ2週間前から実はずっと発疹で悩まされていて、痒さのあまり、何をするにも手をつけられないことが多々ありました。

早く病院へいけよ!と思われるんですが、今住んでいる場所から皮膚科があるところまで行くのには1時間半もかかるので、なかなか思ったときにすぐに行けないのが実情…。

田舎のデメリットはここにあるのかも…。




顔だけ発疹。徐々に体全体、頭皮にまで広がる。

一番マシな部分だけ出します。

P2040840
腕がこんな状態になり、こんな状態のものが目元、おでこ、ひどいときは頬、そして四肢を含め、背中、股下などに広がっていました。

とにかく痒い!!!!!

どうした私…。今までこんなことなかったのに。

と悲しみながら、昨年皮膚科でもらった顔用の塗り薬をつかって、なんとか一時は落ち着いたものの、再発してはまたおさまり、再発してはまたおさまりの繰り返し。

一体なんなんだーーー!!!と悲鳴をあげつつ、ようやく皮膚科に行くタイミングがやってきました。

原因はなんと「乾燥」でした!

家族、知人からは「はしか」「水疱瘡」「りんご病」なんかの病気を疑われていましたが、どれも違う様子だったのです。

そしてまた別の知人からは「乾燥」でしょうと。もしくは「ストレス」。

セイカ
いやいや、そんなことはないでしょ〜。

と思いつつも、ストレス抱えてるつもりないけど実はあるのかしら!?なんて悩みを探したりしてみたけどやっぱり心当たりがない。

だからといって、「食」にはわりと気にかけている方だし、化粧一切しないし、シャンプーなんかもたいてい湯シャンやし。

そこで病院に行って告げられたのが「乾燥」だったのでこれはびっくり仰天!

乾燥ってこんなひどいことになるのか。

結論:保湿は大事です。

出された症状名は、「貨幣状湿疹」。

症状名の通り、貨幣状にわりとでかく皮膚の表面が剥がれて、体液が出てそのまま患部はカサブタができて、乾燥すると共にカサブタがなくなって完治するんですが、なかなかカサブタのあともなくなりません。

年齢を重ねるのとともに、それと乾燥が主な原因だそうです。

今回痒くなったすべての場所は、乾燥したときに発疹が出やすいところばかり。

とにかく保湿力がないので、そこを補う必要があるんだとか。

P2040842
飲み薬を拒否したので、塗り薬がいっぱい出されてしまいました。

しばらくはこれ塗って様子見です。

自分が乾燥肌だということをはじめて認識できたよい機会でした。

これからは保湿に力を入れたいと思いました。

それにしても25歳にして、年の功を感じるのでした…。きっと私実年齢よりも体が老けているのかもしれません…。

と、まあそんなくだらないことはさておき。

今回はこれにて。みなさんも保湿を怠らずに、快適な冬をお過ごしくださいませ!

SNSでも発信中!

Instagram




スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

91年滋賀県生まれ。本山町地域おこし協力隊、 猟師見習い、フォトグラファー、ライターやってます。 カナダに永住する予定が、高知に移住し、山師の夫と結婚。0歳の息子と3人で山暮らし。 自分らで切った木で家をセルフビルドするのが直近の目標!