[滋賀]山頂からみるご来光に感激!百名山の「伊吹山」を登ろう!




こんにちは。せいか(@seyca_ktd)です。

今日はすごくスカッと気持ちのよい晴れの日だった関西方面。

そんな日にぜひとも訪れたい滋賀県の見所について紹介したいと思います。

今回ご紹介するのは、日本の百名山のひとつ、伊吹山

DSC_7765
滋賀県内で一番高い、標高1377mもある伊吹山

天気もよさそうなので、思い立ったが吉日、母と伊吹山にご来光を見に行くことに急遽決まり、前夜23時前に京都を出発し、伊吹山登山口へと向かいました。

車の場合だと、伊吹山登山口の麓にある三之宮神社近くに駐車場が点在しています。駐車料金はたいていどこも500円。

DSC_7458
深夜1時、真っ暗な中、登山道へと向かう

富士山には3年ほど前に登山経験があるのですが、なんだかこの山、富士山となにかが似ている気がしました。

そんな富士山と似ていると思った点は、ずばり2点あります。

  1. 日陰がない
  2. 歩くコース(斜面の感じや、岩がゴロゴロな感じ)の雰囲気が似ている

これらの要素に慣れているだけで、ぐんと富士登山は楽に感じると思います。

麓から頂上までの標高差も結構あるので、1合目から頂上を目指すことになるので、はじめて登るときは特に、水分をマメにとりながら自分のペースでゆっくり登ることが大切です。

そんなときに活躍してくれるのがこの万能登山道具「ハイドレーション」。水分補給時に大活躍してくれます。

うちの母は山大好き女なのですが、おすすめしてくれた中でもこれは本当に買ってよかった用品のひとつ。

よく一般的に言われているのは、喉が乾いたと思うときにはすでに遅くて、その前に少しずつ水分をとることが大切なのです。

確かに、以前はペットボトルをリュックに入れて、疲れたと思う度に立ち止まり、飲んでいたのですが、これを購入してから歩きながらでも飲めるのでとても楽チンです!

疲れ方もそれだけで全然ちがいます。

まずは麓から一合目を目指す

DSC_7472
夜はひたすら自分のヘッドランプを頼りに道を探りながら進んでいきます

実はわたし、今回はじめて伊吹山に登りました。

麓から1合目が意外と難関コースでした。
色んなサイズの石が転がっていて、ぬかるんでいるとこもあり、スリップ注意。

伊吹山の登りは、本当にひたすら登り続けないといけないので、わりと他の山だと時々下りや平坦な道があってそこでメンタル的に救われるのですが、この山はかなりどエスな感じです。

DSC_7794

1合目までの道のり、日中だとこんな感じの森を抜けて歩いていくので、森林浴もできて、なんだか気持ちがよいですが、その先からは本当に日陰がないので、熱中症対策は欠かせません。

施設の情報をあげるとすれば、3合目に無料で使えるトイレがあります。それ以降は頂上に有料トイレになるので、ここで済ませておくのが吉。

5合目までいけば、ベンチと自動販売機もあるので、休憩スポットになっているようです。

5合目まで来れば、あとはゴツゴツした岩場さえ越えれば、すぐに頂上。もう少しです。

DSC_7487
疲弊しているときに、この看板に合うたびに励まされます

夜間登山をしてみて、怖いと思ったのは、野生動物の存在です。

今回の登山中も、シカの鳴き声はしきりに聞こえていました。

また2合目から3合目を歩いているときに、シカではなさそうな物音が聞こえてきました。

結局その正体がなんだったのかは未知ですが、下山したあとに、もしかしたらクマの可能性もあったのかも?と。

DSC_7798
下山途中に見つけたクマ出没注意の看板…

どうもこのあたり、ツキノワグマがよく出没するようです。特に夕方、早朝はクマの一番活発な時間だとか。

クマに自分たちはここにいるんだぞ、と存在を知らせるべく、『森のくまさん』の替え歌を、ヒーヒー言いながら歌ったのは一生忘れられない記憶になりそうです。

そんな先に待っていたのはこんな風景

登山をした2015年9月12日の日の出時間は5:34amでした。

DSC_7498
秋を感じる一枚が撮れました。

DSC_7515
母、空に見とれています。

DSC_7572_2
雲が本当に美しい色に染まっていました。

DSC_7625
無事にご来光も拝めて大満足。

DSC_7654
毒といえばこのお花、トリカブト。ご来光に照らされています。

DSC_7645
すっかり太陽が出てきて、優しい光に包まれる伊吹山。

色々ハプニングもありましたが、最高な一日のはじまりです。

ただ山頂の温度、おそらく10℃は下回っているので、ダウンやフリース等の防寒着は必須!
(この日の登りはじめた気温、麓でも16℃ほど)

それにしてもこの気温で、このシチュエーションの中で、飲むコーヒーや紅茶は抜群に美味しい。

普段当たり前なものでも、山で飲み食いすると100倍以上美味しく感じさせてくれる相乗効果がある気がします。

さて、登ってきた道のりをまた下ります。
DSC_7724

実は登りよりもしんどい下り。

疲れもピークに達してきて、油断すればすぐに大けがにもなりかねないので、もはや自分との戦いの世界です。

それでもこの風景たちが最高に癒しを与えてくれます。

DSC_7690 DSC_7707 DSC_7778

今の時期、すすきが本当に絵になります。

秋の訪れを感じに、ぜひ伊吹山に遊びにいってみてください。
体力に自信のない方でも、頂上まで車で行けるドライブウェイがあります。

写真が中心になってしまいましたが、これを機に登山に挑戦してみるのも楽しいですよ〜。

それではまた!