[高知]ドナルド・マクドナルド・こうちハウスの施設利用のすすめ【H30年度いっぱいで閉館】




こんにちは。セイカ(@seyca_ktd)です。

ドナルド・マクドナルド・こうちハウスってご存知ですか?

20歳未満の子どもが病気で入院中、本人やその家族が滞在できる施設なのですが、妊娠中の妊婦さんでも高知市内の医療機関を受診していることを証明できれば、利用することができるのです。

わたしも今月上旬に男児を出産しましたが、その前後で大変お世話になりました。

初産の妊婦の出産レポート!本陣痛から6時間の安産でした。
こんにちは。セイカ(@seyca_ktd)です。ブログをすっかりお休みしていて、気がついたらもうすぐ1ヶ月経つところでした。この1ヶ月は本当に自分の人生史上でもなかなか...

 

まだまだ知られていないこの施設のことをもっとたくさんの方に知ってもらうことで、この施設をサポートする人も増えて、本当に必要な人が利用できるといいなと思い、口コミとしてレポートさせてもらいますね。

ドナルド・マクドナルド・ハウスって?

日本には十数か所あり、わたしの住む高知県には高知市の「高知医療センター」という病院前にその施設はあります。

ドナルド・マクドナルド・こうちハウスは日本で3番目にできた施設。

「第2の家」としてくつろげる場所を、というモットーで運営されていることもあり、自炊や洗濯などもできるので、本当に自分の家で過ごすように日常生活を難なく、むしろ快適に過ごすことができるのです。

どんな人がこの施設を利用できる?

前述したように、病気で入院している20歳未満の子どもの近くに家族が寄り添えるように宿泊できる場所なのです。

しかし、それ以外にも活用方法はさまざまであるようです。

  • 遠方からの通院する際の前後の宿泊
  • 子どもが外出許可をとって、家族と一緒に宿泊
  • 入院中の子どものお見舞いや付き添いする家族のための宿泊場所

などなど。

必ずしも宿泊しなくても、休憩やシャワーだけなどいろんな使い方をさせてもらえるのが素敵です。

利用料金もお手頃!

なんと1人1泊1000円なのです。それに加えて、リネン代216円。

患者さんが利用する際は無料。

セイカ
なんてすごい施設なんだ…

って思いますよね。それにはやっぱり理由があるんです。



施設の運営は、ボランティアと寄付によるもの

なんとこちらの施設はボランティアと寄付によって成り立っているのです。

夜間にもナイトボランティアさんがきて、見回りなどもしてくれているので、安心して生活することができます。

また、ドナルド・マクドナルド・こうちハウスのHPにはこんな感じで欲しいものリストが公開されています。

物資支援も受け付けているほか、募金も募っておられます。

寄付はこちらから

こうちハウスに実際に泊まってみた

というわけで、トータルすると3週間くらいお世話になったドナルド・マクドナルド・こうちハウス。

さっそく施設の中へ。

ちょうど滞在していたとき、ふだん入る機会がない人向けのイベントを企てておられたということで、とっても中がにぎやかに飾り付けされていました。

施設内の雰囲気

せっかくなので写真を入れてご紹介。

部屋は16部屋あるようです。

廊下がとにかく広い、長い!

まずは宿泊部屋。掃除が行き届いていて、ホテルみたいでした。

部屋は広々していて、全部屋にユニットバスがついています。

トイレはウォシュレットもついているし、シャンプーやリンス、ボディーソープなどアメニティもばっちり揃えられています。

そして共有スペース。

こちらがキッチンなのですが、全部で4つのコンロが設置されています。

冷蔵庫・冷凍庫も業務用の大きなものがあり、各部屋ごとに場所が決められています。

炊飯器、かき氷機、ミキサー、電子レンジ、トースター、魚焼き機、鍋一式、フライパン、お皿やコップ、その他必要最低限の調理器具はすべて揃っているので、自炊するのに最高でした。

ここのキッチンのすぐそばにはダイニングルームがあります。

ここで基本的には飲食をしたり、テレビを見たり、パソコンを使ったりすることができます。ちなみにWi-Fiあり。

さらにはこんなサービスも。

こちらも支援物資としていただいたもので、コーヒーや紅茶なども用意されていました。

こうちハウスに宿泊した感想

本当に想像していた以上の快適さでした。

ボランティアさんもすごく親切な方ばかりで、いつも温かいお声がけをいただいていました。

部屋を出るときの最低限の掃除は自分ですることになっているのですが、それを含めても1泊1000円は本当に破格です。

でも長期滞在になりがちな利用者さんが多いだろうから、こういう施設でこの値段設定はとってもありがたかったです。

実際にわたしの息子も今現在も目の前の高知医療センターでお世話になっているので、入院直後から手術日前後でもこちらのドナルド・マクドナルド・こうちハウスを再び利用させてもらいました。

妊娠中も予定日の3日前から、予定日の6日後の出産日まで利用させてもらったんですが、いつ生まれるかわからないドキドキした中で、ここに滞在することによって、通っていた産院まで15分ほどで行けると思うと非常に心強かったです。

僻地である嶺北地域に住んでいて、妊娠中と産後直後のわたしにとっては本当に病院まで車で片道1時間半ほどかかるので、その労力が省けるだけで、とにかくありがたかった…。

また、乳児の息子に母乳を届けるにも、ドナルド・マクドナルド・こうちハウスに滞在していると、冷凍48時間以上でなくても高知医療センターでは受け取ってもらえることができるので、それもまた助かりました。

というわけで、必要な方にとって、この素晴らしい施設が役立てられますように。

わたし自身もドナルド・マクドナルド・ハウスの取り組みはこれからもぜひ応援させていただきたいと思います。

それでは今回はこれにて。ではまた!

利用を考えている方は必読。悲しい、残念なお知らせ

H30.7.14追記

利用が少なく、今後も増加の見込みが望めないために、H30年度いっぱいで閉館される発表がありました。

マクドナルド・ハウス本年度限りで閉鎖 高知医療センター隣 / 47News

息子が入院中、自分自身が妊娠、出産時に大変お世話になったので、残念ではありますが、今後もなにかしらの活用を考えておられるとのこと。

ご利用を考えている方は、閉館される今年度末あたり、お気をつけください。









ABOUTこの記事をかいた人

91年滋賀県生まれ。本山町地域おこし協力隊、 猟師見習い、フォトグラファー、ライターやってます。 カナダに永住する予定が、高知に移住し、山師の夫と結婚。0歳の息子と3人で山暮らし。 自分らで切った木で家をセルフビルドするのが直近の目標!