コーヒーの自家焙煎はおうちでも簡単にできる!コーヒー嫌いでも感激の味。

コーヒー焙煎豆




こんにちは。セイカ(@seyca_ktd)です。

わたし数年前までコーヒーって大嫌いでした。

でもいざコーヒー豆の自家焙煎をやってみると、コーヒーに愛着が湧いてくるんですよね。

そしてその自家焙煎した豆を挽いて飲むと、

セイカ
感激。

の一言に尽きます。

コーヒーが一滴も飲めなかった理由

最近では我が家でも朝からコーヒーが当たり前になりつつありますが、そんなわたしもコーヒーを飲めるようになったのはここ数年前のこと。

そのきっかけも些細なことでした。

学生時代に2年ほど、ほぼほぼ毎月車で片道12時間近くかけて関西から東北へ通っていました。

そのたびに運転手をわたしがしていると、同行者の中で必ずやコーヒーを差し入れでくれる方がいたのです。

その他にも、コーヒーを出されるシーンというのはものすごく多く、「コーヒー」って実は飲めないと人生なんだか損した気分だなあと意味不明な感情を頂くようになり、徐々にならしていった結果飲めるようになったのです。

人間の適応能力ってすごい。

おいしいコーヒーが飲みたくて「自家焙煎」をしてみた

コーヒーの面白味って、豆を挽いて、そこにお湯を注いで、滴る水分を飲むところですよね。

セイカ
だれがこんな複雑な抽出方法考えたんだろう

ってつくづく思うくらいに、コーヒーはエンターテイメント性があると思うんですよ。

近所においしい自家焙煎の珈琲を販売してくれるところがありつつも、ずっとやりたかったことが「自家焙煎」でした。

我が家で愛用しているのは「アウベルクラフト」の『遠赤コーヒー焙煎キット」

手作りキット工房で名を馳せている「アウベルクラフト」。

Amazonでは人気でよく商品切れを起こしています。

直接メーカーから購入することも可能です。

遠赤コーヒー焙煎キットの購入はこちらから

実際にコーヒー豆を焙煎してみた

IMG_5428

こんな感じで、直接ガスコンロの上に置いて焙煎していきます。

注意点としては、「コンロとコンロ周りがめちゃくちゃ汚れる」ことです。

チャフというコーヒー豆のまわりの皮が焙煎することによってポロポロと落ちていくから防ぎようがありません…。

「汚れるのが嫌だなあ」という方はカセットコンロで、その下に新聞でも広げてやると後片付けが楽にできるのでオススメです。

セイカ
しかし、何と言っても焙煎中の香りがたまらないですよ!

そうなんです。

生豆が香りをたてて、パチパチとなり、挽く前までの豆になる過程がおもしろいんです。

その挽く微妙な具合によって、味が全然異なるのだから、奥が深すぎる!

ちなみにはじめての自分らで焙煎したコーヒー豆はこんな感じ。

IMG_5434

ちょっとやりすぎて香ばしくなったけど、アイスコーヒーにするとちょうどいい感じで美味しかった。

できたての豆をぽりっとかじることができるのもまたこの醍醐味。

チョコレートでコーティングされたお菓子なんかも巷では見かけますが、本当にそうやって食べたくなる味…。

浅煎り・深煎りなんかも焙煎時間によって変えられるので、好きな焙煎具合を選ぶことができるのも楽しいです。

自家焙煎機も多種多様。電動から遠赤のものまで

コーヒー焙煎は確かに奥が深いですが、やってみると理科の実験みたいで楽しいです。

もっと手軽にできる「遠赤コーヒー焙煎機」

「アウベルクラフト」の焙煎機は1万円を超えるので、もう少し安いもので試してみたい方にはこちらがおすすめ。

こういうフライパンみたいな形の焙煎機でも、結構上手にできるようです。

忙しくても焙煎したい方向け「電動焙煎機」

あとはこんな「電動焙煎機」なんてのもあります。

「チャフの片付けが大変。でも焙煎はやりたい」という方にはうってつけの商品。

焙煎具合もちょこちょこ確認できるし、その間に他のこともできるので、忙しいけど焙煎はしたい!っていう方向けですね。

自家焙煎に欠かせない!コーヒー生豆サイト

1.ワイルド珈琲

ワイルド珈琲」さんも何度か利用させていただいていますが、コーヒー豆の種類が豊富で、選びやすいのがメリット。
ワイルド珈琲

サイトはこんな風に「甘味・香り・酸味・大きさ・力強さ」がグラフで表記されていてイメージがつかみやすい。

ワイルド珈琲 豆

2.Amazon

「Amazon コーヒ生豆」で検索するとめちゃくちゃ出てくるんですよ。

amazon コーヒ生豆

中にはAmazonでしか購入できない限定商品もあります。

ちなみに我が家で愛用している生豆がこちら。

着荷した商品の発送元が「ジュエリーショップ・・・」との表記で、むむ…、と思いましたが、豆自体は確かなもの!

今回発注したのは、「タンザニア産 AA キリマンジャロ(1㎏)」と「コロンビア産スプレモ(1㎏)」。

価格の割に、豆が大ぶりで、欠点豆もそれほど多く感じませんでした。

3.楽天

こちらも「楽天 コーヒー生豆」と検索すると種類が豊富!

楽天 珈琲生豆

やはりAmazonとは品揃えが違います。

自家焙煎初心者向けに少量で価格が安いものが多いので、手始めにこういうのを利用してみるのもいいかもしれません。

朝の一杯は「自家焙煎の珈琲」で贅沢な時間を

おうちで自家焙煎した珈琲を朝から飲む。

なんだか響きだけでも贅沢な感じですが、いざ自家焙煎をやってみるとそのハードルの低さに驚きます。

コーヒー好きな人なら絶対ハマります。

コーヒー嫌いな私でもハマったくらいなので。

もちろん「焙煎」という手間がかかりますが、コーヒー豆も生豆で購入すると割安な気がします。

焙煎度合いや、数種のブレンド度合いなんかを変えて、楽しむのも「自家焙煎冥利」につきることでしょう。

というわけで、少しでも気になっている方やコーヒー好きな方はぜひお試しあれ。

それではまた!

我が家が愛用しているコーヒー道具たち

 



スポンサードリンク







コーヒー焙煎豆

ABOUTこの記事をかいた人

91年滋賀県生まれ。本山町地域おこし協力隊、 猟師見習い、フォトグラファー、ライターやってます。 カナダに永住する予定が、高知に移住し、山師の夫と結婚。0歳の息子と3人で山暮らし。 自分らで切った木で家をセルフビルドするのが直近の目標!