[香川]一度は訪れたいモダンでおしゃれな「仏生山温泉」!かき氷も評判よし!





こんばんは。せいか(@seyca_ktd)です。

最近じわじわ知名度のあがっている香川県は高松市にある仏生山という地域。

知人も仏生山のまちおこしのようなことに携わっていることもあって、存在は以前から知っていたのですが、ここ最近ますます雰囲気が似たようなおしゃれなお店が増えているというエリアでもあって、まさに今注目したい地域なのです。

自分たちの身の丈にあった、無理のない、まちおこし。

それに関してのとっても素敵な記事があったので、ぜひご一読を。

参照:仕掛人もブームもいらない―「年1%成長」を望む高松・仏生山の100年続くまちづくり戦略

その拠点の地ともなっている「仏生山温泉」。

今回はここの場所をご紹介したいと思います。

洗練されたおしゃれな空間でほっこりできる「仏生山温泉」

P6140064
こちらが「仏生山温泉」の入り口。

住宅街に突如として現れるとってもモダンで素敵な雰囲気。

駐車場もたくさん併設してあるので、車でいくのがよさそうです。

そして、中へ入っていくと…。
P6140055
写真右側には「50m書店」と名付けられて、書籍がずらーっと並んでいます。

そして左側には、ここの仏生山温泉のグッズや香川のちょっと変わったお土産、香川には関係ないけどおしゃれな雑貨や絵本などが販売されています。

泉質つるつる!美人の湯とも呼ばれた名湯へ

P6140056
のれんもかわいい。

肝心なお風呂の様子はさすがに撮影できないのですが、ちらっと仏生山温泉のHPに写真があるのでそれを掲載しておきます。

42

ちょっとわかりづらいですね…。笑

とにかく緑溢れる、自然な雰囲気を大切にされている、癒しの空間でありました。

そして特筆すべきは、泉質のよさ!

神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器症・痔疾・冷え症・病後回復期・疲労回復・健康増進・きりきず・やけど・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病

などに効くということで、温泉に入ったらお湯のつるつる具合に驚くことまちがいなし。

今まで日本あっちこっち温泉入ってきたけど、どこの温泉よりもつるつるで、くず粉でも入れているのか…!と思ってしまうほど。

内湯は1つあり、基本的にその他3つくらいのお風呂はすべて露天。

もはや着替えるスペースも露天とつながっていて、とても不思議な構造。

温泉好きはもちろん、そうでない人も一度は行くと楽しめそう。

お風呂あがりには、若者に大人気のフルーツ氷もおすすめ!

P6140058
仏生山のことを調べていると、「仏生山温泉 かき氷」と予測で出てくるほど、かき氷と温泉をセットに訪ねてこられる方も多い様子。

 

 


味は、「キウイ」「パイナップル」「宇治金時」「黒蜜」から選べるのですが、大のパイナップル好きの私としては「パイナップル」のかき氷を食べずにして帰れない!!

というわけで、さっそくいただきました。
P6140060
パイナップルの果肉感たっぷりのソースはお好みでかけていただきます。

ふわっふわの氷には生のパイナップルも添えられて。

P6140062
いただきまーす!

というわけで、一口ぱくっ。おいしい!でも正直なにか物足りない…。

酸味も多少ほしいところだけど、完全に甘味が勝っている…。

バリバリの甘党さんにはうれしい一品ですが、ほどよい酸味のあるパイナップルのあの味を求めて食べるとちょっとがっかりしてしまうかも…。

それでも完食!あいかわらずの辛口ですみません。

ごちそうさまでした。次行くときは「キウイ」か「黒蜜」を試してみよう。

こんなこと書いていて説得力ないかもしれませんが、満足度はとにかくめちゃくちゃ高い施設なので、遠方からでもほんとおすすめ!

 

香川県高松市の「仏生山温泉」の詳細はこちらから

P6140063
入館料金はこの通り。大人(中学生以上)は600円。小人(3歳以上)は300円。

[住所]〒761-8079 香川県高松市仏生山町乙114-5
[電話番号]087-889-7750
[営業時間]平日11:00-24:00 土日祝 9:00-24:00 受け付けは23:00まで
[定休日]毎月第4火曜日

今回訪れた時間帯が夜だったので、まわりのおしゃれなお店らが周れなかったことが残念無念。

次回は周辺施設もゆったり周れたらいいなあ。

それでは今回はこれにて!ではまた!

 

SNSでも発信中!

Instagram