PVも収益も乏しい20代女が2年もの間ブログを運営する理由を3つ挙げてみた




こんにちは。せいか(@seyca_ktd)です。

今日のテーマはこれ。
58

「セイカの暮らし便り」という個人ブログを運営しだして、もうすぐ2年。

読者さんがいるから、書き続けられてきたんだと日々感じています。

最近では、なにかしらのコンテンツを発信すればそれに反応してくれる方がいて、ますます文章を書くのが楽しくなって、クラウドソーシングなどでもたまに記事を寄稿したりするほど。

でもクラウドソーシングは寄稿したその先が見えないんですが、ブログは直接フィードバックが自分に返ってくるからおもしろい。

というわけで、なぜ飽き性でもあったわたしがブログを2年も運営してこれたのか?

徹底解剖して、3つの理由を挙げてみました。

 

1つめ「自分のやってきたことを記録に残しておきたい」

もともと旅が大好きなわたし。

 


拠点がみつかった今は、旅がしたくなくなったか?と聞かれるとそうではありません。

ここで一緒に暮らしている大好きな家族と、おいしいものを食べたり、新たな知見を広げる旅に出たい。

年齢を重ねると不思議と旅の目的って変わっていくんだなと実感しております。

というわけで、日々の暮らしはもちろんのこと、訪れた先のことを忘備録、またこれから行く人への指南書として記録に残していきます。

 

2つめ「お金を稼ぐため」

このブログ、なんとか月間1万PVくらいはあるのですが、収益性が悪い。

よいときで1000円くらいなので、「ブログで稼ぐ」なんてことは口が裂けても言えません。

それは、完全に自分の運営のやり方が悪いことは丸わかりで、マネタイズやSEOに関する知識を多少入れても実践してこなかったことにあります。

しかし、いよいよ今年の10月に出産を目前にして、おそらくこのまま現職である地域おこし協力隊の肩書は捨てて、これから退任して独立することとなりそうです。

任期はあと1年残ってるし、まだまだやりたいこともあるんですが…。

やめることとなる最たる理由は「育休」をとれそうにないからです。

しばらくは家の中でできる仕事を模索することになりそうなので、スタートするには遅いけれど、このブログの収益化に本気で取り組んでみたい。

そう思ったのがきっかけで、ブログに力を入れることは決めたんですが、更新を頑張っても収益があがっている感覚がなかったので、頑張り方がわからない。

そこで出てきた考えが、「先行者に学べ!」というわけで、有名なプロブロガーの方たちが寝ているときに夢の中にまで出てきたので、有料noteの購入をすることにしました。

「まだ東京で消耗品してるの?」で有名なイケダハヤトさんの2,980円で売られている有料note「ブログ運営の教科書」を購入しました。

読むのに1時間近くかかったくらいのボリュームがあり、なによりも中身に価格以上の価値があります。

初心者ながらにも、今やるべきことがみえてきました。

・検索流入数を計算する
・過去記事のリライト
・記事を毎日更新する
・もっと専門性を持たせたブログ運営
・記事下の最適化
・SNSの使い方見直し
・マネタイズの勉強


まずはここから。ここで宣言したからにはやるぜよ。

 

3つめ「セイカの暮らしは、その気になれば誰でもできるを証明する」

DSC_3975
畑で野菜やハーブをつくって、庭に果樹を植え、ニワトリを放し飼いして、毎朝とれたてタマゴをいただく。

自分たちで手塩にかけて育てたお米をかまどでごはんを炊く。

裏山にかけた罠で、必要な分だけ、自然界からお肉もいただく。

太陽が昇るのと同時に動き始めて、太陽が沈めばゆっくり休む。

晴れたら外作業、雨なら家の中の仕事。いわゆる「晴耕雨読」です。

まわりが自然に囲まれているから、その季節に応じて獲れるものでジャムやシロップをつくって、時々お菓子を焼いて、友人と楽しく喋りながら食べる。

…なんだか、物語にできそうですよね。

こういう暮らしにあこがれている人って、一定数いて、それでもやっぱり「理想だ」で終わらせてしまったり、定年後の楽しみにとっておくなんて人も多いんですよね。

わたしもそういう暮らしをしたいと大学生のころから思い始めて、徐々にそういう暮らしにシフトするように動いてきました。

めげそうなときは、世界を旅するときに必ず持ち歩いていたこの本を見て希望を見出して、やる気を奮い立たせていたことも。

 

そして、ようやく見つけた定住先がここの本山町。

移住してからたった2年で、ものすごいスピードでやりたかったことが実現しはじめています。

今は失敗だらけの日々ですが、おそらくここから、さらにできることの幅もより広がって、収入につながっていくこともできるようになると思ってます。

誰でも生産的になれる田舎だからこその強み。

その0の状態からなにかをつくっていく状態をみせて発信していくことで、なかなかやりたいことに向かって踏み出せない人の希望になれたらと思います。

…という感じで、自分がこのブログを運営する理由を見える化してみました。

なにごとも文章にして自分の中に落とし込むって大切。

ここの軸はぶれさせずに、これからも「セイカの暮らし便り」の運営をしていきたいと思いますので、よろしくお願いします!

それでは今回はこれにて!ではまた!

 

SNSでも発信中!

Instagram










ABOUTこの記事をかいた人

91年滋賀県生まれ。本山町地域おこし協力隊、 猟師見習い、フォトグラファー、ライターやってます。 カナダに永住する予定が、高知に移住し、山師の夫と結婚。0歳の息子と3人で山暮らし。 自分らで切った木で家をセルフビルドするのが直近の目標!