[高知]カオソーイなど本格的メニューが豊富な「バーンプアン」でタイ料理を楽しむ




こんにちは。セイカ(@seyca_ktd)です。

高知市のおいしいアジア料理を求めて三千里…。

我が家ではタイ料理が好きなので、パッタイやカオマンガイ、グリーンカレーもペーストから作ったりしているのですが、高知に来てから正直「ここ、美味い!!!」ってお店に出合えてないんですよね。

しかし、本格タイ料理を食べれる店があるとの情報を聞きつけ、さっそく行ってきました!

高知市の本格アジアン料理屋「バーンプアン」ってどんなとこ?

街中から少し外れたところにあるので、電車か車で行くのがよさそうです。

店構えはこんな感じで、電車通りから北に曲がると左手にすぐあります。

目の前は「オカザキベーカリー」と書かれたパン屋さんがあったので、それを目印にするとわかりやすいです。

店内はタイで購入されたであろう小物や雑貨がこじゃんとありました。

客席はテーブル席とお座敷。

全部合わせて12人くらいが座れるかなあ、というほどの広さでした。

女性がひとりで調理から配膳まですべてされているので、これまたびっくり。

訪れたときには1組だけのお客さんも帰る頃には満席になっていました。

メニューは定番タイ料理をすべて網羅していた

カレーも数種あり、ガパオも海鮮や豚、鶏肉から好みで選ぶことができます。

その他、夜営業のときにはタイスキやタイ風焼肉を予約しておけば食べることもできるようで、なんとも本格派のアジアン料理屋さんです。

さっそく、ランチで食べたものをご紹介しますね。

まずは「生春巻き」。

ナンプラーとスイートソースをお好みでつけていただきます。

もちろん生春巻きはパクチー入り。

こちらは「鶏肉のガパオライス」。使っているお米もジャスミンライスで、日本米ではなかった!

ハーブが効いたガパオでした。

そしてびっくりしたのはメニューに「カオソーイ」があったこと!

「カオソーイ」とはチェンマイなどタイ北部で食べられているカレー味のヌードルのこと。いわばカレーラーメン。

ラオスに行った時も同じ「カオソーイ」という名前でヌードルがありましたが、それはまたチェンマイのものとは別物。

東南アジアのグルメは突き詰めたらおもしろそうだなあといつも思います。

この「バーンプアン」で食べた「カオソーイ」はこのカレー味の汁には普通のラーメンに入っているヌードルが浸っていて、上にはパリパリに揚げられたヌードルが乗せられていて、2つの食感を楽しむことができます。

そのほかにも試してみたいメニューがいくつかありましたが、今回はこれだけでお腹いっぱい。

またの機会にちがうメニュー、食べてみたいなあ。

タイ料理のメニューがずらっと並ぶ中、異国の「ナシゴレン」というメニューもあり、これがまた現地のレストラン直々に教えてもらったレシピを再現しているそうなので、次回はそれを試しみてもいいかもなあ。

高知市の本格アジアン料理「バーンプアン」の詳細情報

「バーンプアン」

[住所]高知市中須賀町23
[最寄駅]旭町1丁目
[営業時間]11:00-15:00
[電話番号]080-5666-4783

金曜日と土曜日は夜営業もされているようですので、こちらも必見!

営業時間は17:30-21:30まで。ラストオーダーは20:30となっています。

車で行く方は、駐車場に行くまでの道にご注意を!

お店には2台分の駐車スペースがあるのですが、そこまでの道が非常に狭いのでご注意ください。

友人の車はわりと小さめの軽自動車だけど、それでもぎりぎり。

普通車だと、本当にサイドそれぞれ2cmくらいしか余裕ないのでは!?と思うくらいの道幅です。

奥の駐車スペースまで行ってしまえば、あとは大丈夫なんだろうけど。

それでは今回はこれにて。ではまた!