[高知]吸い込まれるほど美しい青さの汗見川の隣で行われる「そば打ち」のワークショップに参加してきた




スポンサーリンク



こんにちは。せいかです。

年越しそばは、張り切って自分が打ったものをいただいたのですが、
それはイベントに参加したからこそ得たものでもあります。

そんな毎年やっているという本山町のイベントに参加したときのレポ。

地元のおばちゃんが教えてくれるのは「二八そば」の作り方!


まさに今度パートナーが住む家が汗見川沿いというわけで、
その川沿いの旧小学校を利用した「清流館」というところで行われたイベントに参加してきました。

IMG_2944
ざっとそばの打ち方はこんな感じ。

今回は「二八そば」という割合で、
そば粉200gに対して小麦粉が50gの配合で打っていきます。

実際におばちゃんたちがデモンストレーションをしてくれます。
IMG_2920
これが過程1の「水回し」。
耳たぶくらいの堅さになるまでこねますが、
その前に半量のぬるま湯を入れて、両手の手のひらを擦り合わせて混ぜ合わせます。

IMG_2927
これは過程4のそばを「切る」。

実際にわたしが切ったもの。
IMG_2932

想像は簡単にできると思いますが、ゆがくと基本太くなります。

これもまるでうどんのような太さに。

まあ、それもご愛嬌ということで。

打ちたてのそばを実際に食べてみる


IMG_2942
いざ盛りつけてみると、結構美味しそう。

味の方も、うどんのような太さだけれどこれはこれで美味しいかも。

ついでにおまけもいただきました。
IMG_2943
地元のおばちゃんが作ったこんにゃくに梅味噌がかかっています。

田舎こんにゃくって市販のこんにゃくとは比にならんくらい絶妙な柔らかさで美味しい。

ちなみに「食べる」っていったら、こんなものも。
IMG_2941
「そばねり」です。

はじめて食べました。

これに野菜入れて揚げるのも美味しいそう。

そばねり自体も醤油を少したらして食べると結構くせになる食感と味。

このそばねりのそば粉は自分らで挽きました。
IMG_2935

優秀やなあ、この道具。
昔の人の知恵には毎度ながら脱帽です。

IMG_2938
これがもとの「そばの実」。

挽いた後の殻は枕の中に入れたりすることもできるし、
そばの実自体もそば茶として飲めるし、そばって有効活用できまくりですなあ。

外にも大量のそばが天日干しされていました。
IMG_2955

栽培方法も誰でも簡単にできるって言うし、ゆくゆくはやってみたいなあと思ったのでした。

日本にもあったのか!この吸い込まれるほどの青さ!


そば打ちももちろん楽しかったんですが、その近くを流れる川もまた魅力的というか、
ずっと見つめていると、吸い込まれていきそうになるくらいの綺麗な青色。
IMG_2945
一切加工せず、この色はすごすぎます。

IMG_2951
小学校のプールを思い出すけど、その色は塗装されたプール自体の色なわけで、
これが自然が生み出す色だと思うと、本当に感銘を受けます。

というわけで、これからの高知の暮らしがさらに楽しみになったのでした。

そして、清流館のイベント本当に楽しくて来年も参加したいくらい!

そして、年越しそばになったそばもお土産用にいただいたもの。

ありがとうございました。

それではまた!









ABOUTこの記事をかいた人

91年滋賀県生まれ。本山町地域おこし協力隊、 猟師見習い、フォトグラファー、ライターやってます。 カナダに永住する予定が、高知に移住し、山師の夫と結婚。0歳の息子と3人で山暮らし。 自分らで切った木で家をセルフビルドするのが直近の目標!