[三重]特別なときに利用したい宿「アクアイグニス」の温泉は良質で食事も最高【口コミ】




こんにちは。セイカ(@seyca_ktd)です。

セイカ
三重で宿泊するのにどこかいい宿ないかなあ

と思っていたところ、たまたま見つけたのが三重県菰野町にある湯の山温泉エリア。

そこに癒しと食をテーマに作られた複合温泉リゾート施設の「アクアイグニス」がありました。


[引用先:アクアイグニス]

外観からしてきれいだなあと思っていたけど2012年10月にオープンとのことで、今年でちょうど5年目を迎えたようです。

そんな「アクアイグニス」に1泊してきたので、そのときのレポートです。

湯の山温泉「アクアイグニス」ってどんな場所?

湯の山温泉といえば、「男はつらいよ」の第3作の舞台地として名を馳せた場所。

中でも地元でも愛されていたという「片岡温泉」が移転することに伴って、大々的にリニューアルオープンすることになって作られたのが「アクアイグニス」という今回紹介する温泉施設です。

 

源泉掛け流しの片岡温泉

日帰り温泉もできる上、駐車スペースも600台ほどあることから、観光バスもたくさん停まっていました。

温泉好きの中でも有名なここの掛け流し温泉の質はとっても良質で、温泉水を飲み比べしている人の中には、ここの温泉が一番おいしいという意見も。

温泉自体もとってもおしゃれな自然を感じながら入れる空間になっていて、温泉の質もぬめりが少しあり、あがったあとはスベスベになります。

温泉あがってからの休憩スペースもとっても快適そうでした。

こんなにくつろいでいる人たちがたくさんいる休憩スペースもなかなか見たことがありません。

「温泉カフェ」と呼ばれるところでドリンクやスイーツ販売もされていて、飲食スペースも設けられています。

 

洗練されたデザインの宿泊棟

8畳の和室が17部屋と「オーガニック離れ宿」と呼ばれる自然乾燥国産材を使用してつくられた上にインテリアにもこだわったという宿泊棟があります。

オーガニック離れ宿には露天風呂も各部屋に併設されているようですが、やはり宿泊費もそれなりにします。

というわけで、詳しくは後述しますが、わたしたち夫婦は和室に泊まりました。

カリスマシェフたちのレストランやショップ

ここの魅力のひとつとして特筆すべきは、3人のカリスマシェフたちによるレストランやショップの存在。

  • スイーツ界のカリスマ 辻口 博啓

石川県七尾市出身で、世界中からも注目を浴びているパティシエがプロデュースしているスイーツショップが「アクアイグニス」施設内に併設されています。

  • 地産地消料理のシェフ 奥田政行

山形県の「アル・ケッチァーノ」という地産地消を推奨しているレストランのシェフ。

  • 日本料理界の新星 笠原将弘

有名料理屋「吉兆」で10年近く修行をし、独創的な料理が注目を受け、日本や海外にもお店を出したり、プロデュースしたり。

 

そんな食の世界に精通した3人のシェフたちの世界を楽しむことができるのが、この「アクアイグニス」の魅力として語られています。

実際に宿泊棟に滞在してみた

部屋は清潔感があり、トイレとシャワー付き。広さは8畳あり、広々としていました。

座椅子やトランプなども借りることができて、部屋でゆったり過ごすのにも最高でした。

「サーラ ビアンキ アル・ケッチァーノ」のディナー

新婚旅行の最後の宿として訪れたこともあり、奥田政行シェフがプロデュースしたディナーを「アクアイグニス」施設内のレストラン「サーラ ビアンキ アル・ケッチァーノ」でいただきました。

料理の一部を簡単にご紹介。

前菜は、夏にとれるタケノコのフリット。

魚料理は、白身魚のワインソース。

施設内でとれた野菜をつかった彩りのよい野菜のパスタ。

メインは黒毛和牛のロースト。

デザートは辻口シェフのスイーツでした。

その他にも4品ほどあったので、とにかく満腹感がすごかったです。

どれも個性的な創作料理といった感じで、目で見て楽しめる、食べておいしいお料理でした!

片岡温泉「アクアイグニス」の詳細情報

「アクアイグニス」

[住所]三重県三重郡菰野町菰野4800-1
[電話番号]059-394-1511 ※宿泊予約専用
その他問い合わせは059-394-7733

日帰り温泉

6:00から24:00までの利用が可能。

入湯料は大人(中学生以上)が600円。
子どもは300円ですが、3歳未満は無料。

タオルはレンタルも販売も両方用意されています。

 

この「アクアイグニス」、本当に老若男女だれでもその人に合った使い方ができそうです。

お料理もスイーツもゆっくり楽しみながら、温泉も楽しむなら、ぜひとも宿泊してみるのもおすすめ。

三重県を旅する方の参考になればと思います。

それでは今回はこれにて。ではまた!



スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

91年滋賀県生まれ。本山町地域おこし協力隊、 猟師見習い、フォトグラファー、ライターやってます。 カナダに永住する予定が、高知に移住し、山師の夫と結婚。0歳の息子と3人で山暮らし。 自分らで切った木で家をセルフビルドするのが直近の目標!