カモの飼育環境づくりに苦戦!コンクリートに穴をあけて排水をよくしてみた




こんばんは。せいか(@seyca_ktd)です。

我が家にカモがやってきて、もうすぐ1ヶ月が経とうとしています。

我が家に仲間が増えました。ついに合鴨を飼育することに!
こんにちは。せいか(@seyca_ktd)です。さて、この度またまた我が家に家族が増えました。ついに!我が家に田んぼで飼われていたカモがやってきたー!さっそく池に山水を...

 

カモっていざ飼ってみると、ニワトリよりも愛らしいんです。これほんと。

ちゃんと食べものも仲間と分け合うし、なにより喧嘩をしない!

しかし、大変なのは、カモの飼育には「水のある環境」が必要だということ。

我が家にはもともと池があり、家主さんのお父さんはそこで魚を飼っておられました。

なので、排水とかもちゃんとしているし、問題なく飼えると思っていたら、それがひょっとこどっこい。

なかなか苦戦しています。

排水されずに、池がどんどん臭くなる

最初は黒いパイプで山水をひいて、排水も順調だったのですが、あるときから全く流れなくなってしまいました。

カモはきれい好きだというから、とっても申し訳ない。

こんなことが起きたことも…。

こりゃ排水をどこか別の形でやらないとダメだな、ということで、コンクリを削って排水パイプを突っ込むことにしたのです。

しかし、我が家にはそんなコンクリを削る機械なんてありません。

が、田舎のすごいところは、みなさんそれぞれ、都会では考えられないような設備や道具を持っていること。

ということで、地元のおんちゃんに聞いてみたら快く貸してくださいました。ありがたや…。

コンクリに穴をあけて排水パイプを突っ込む!

お借りした道具は2つ。

1つは「振動ドリル」。

というわけで、さっそく削っていきます。

なかなか全身に振動が伝わってくるようで、「カラダがおかしくなりそう」と一言ぽろり。

それでも踏ん張って、穴をあける。なんとも地道な作業…。

そして振動ドリルよりさらに最強マシーンのお出まし。

これが2つめの道具「ハンマードリル」。叩いて削るので、威力がすごい。

見るからに強そうです。

これを使って無事に穴があいたので、そこにパイプを突っ込んで、まわりは水が漏れ出さないようにモルタルで埋めます。

内側はゴミがつまらないように、大きめのネットで囲む。

なかなかパイプが細いので、水を入れる量との調整がむずかしいけれど、これでなんとか排水問題は解決したのでした。

この完全に濁っていた水が…

今はこんな感じで、一応透き通って、下まで見えるようになりました!大きな変化!

その代償として、今まで水に浸っていない部分があったんですが、そこも水で埋もれてしまいました。

そのうち石を置いてあげないとね。

そして、小屋もこの工事に伴って、かさ上げする必要がでてきたので、小屋の中にすのこがひかれました。

仕事がきれいな旦那さま。

そして、嬉しそうにカモたちは小屋の中にちゃんとおさまってくれました。

これでようやく最大の心配要素だった排水もなんとかなり、平穏にカモを飼ってあげられそうです。

ちなみにこの5羽中3羽が雄鶏ということなので、12月か1月あたりに鴨鍋をしようかと企み中。

田舎暮らしは日々いいこと悪いこと、いろんなことが起こるので、人間的に成長できそうです。

それでは今回はこれにて。ではまた!