どんな人生を生きましたか?25歳女子の2016年はこんなんでした。







こんばんは。せいか(@seyca_ktd)です。

ちょうど昨年の今頃もその年を振り返っていて、今読み返しても懐かしいと思えるのでまた同じパターンで振り返ってみます。

参照: 2015年を振り返って




2016年上半期


今住んでいる高知県の本山町に長期滞在→移住をきっかけに、環境がガラッと変わって、とにかくこの地域を知ること、自分の理想の暮らしを築くために一歩ずつ前へと踏み出した上半期でした。

▼1月
彼の家に居候として転がり込む、つまりは同棲はじまる
近所の農家さんのところで農作業および加工の研修に勤しむ

参照:[高知]本山町の白髪山の『根下がりヒノキ』と『白骨林』を見に行こう

中でも印象的だったのは正月明けにいった白髪山登山!つららがとってもきれいでした。

▼2月
農家さんの研修は続けつつ、本山町の木工所で短期バイトで働く
その影響もあってか、木工にハマる

参照:24歳女子のある休日の過ごし方。

▼3月
本山町の地域おこし協力隊の内定をもらう

参照:【ご報告】地域おこし協力隊の農業振興活動員として内定をいただきました!

▼4月
地域おこし協力隊として働きはじめる
ブログの更新、なんと月4日…。
愛犬リンも引っ越してくる

参照:犬にとってのよい環境とは?我が家の愛犬リンが高知県に移住しました!

▼5月
地元の百姓の方のところで田植えのお手伝いをきっかけに、自分たちでも米づくりをすることに!

参照: 日本一うつくしい棚田のまち、本山町で田植えのお手伝い。

そして念願だったお茶づくりを近所のおばあちゃんに習い、念願の緑茶の自給!

参照: 日本人の茶離れを食い止めろ!めざせ、おいしい緑茶の自給!

(しかし、その後カビにやられてさようなら…。高知の湿気は本当にすごいので、対策をせねば。)

▼6月
25歳になる
念願のお米づくりがスタート!

参照:24歳女子、田んぼで米づくり、はじめました。

IMG_5058
地域おこし協力隊になって環境がガラッと変わったのが自分の暮らしに大いに影響した上半期。

愛犬もこちらへ引っ越してき、いよいよ自分の暮らしを根付かせていくために必死こいてました。

やりたいことを公言することでその度に応援してくださる方がいることに感謝する日々の連続。それは今も変わらず。

そうして日々わくわくドキドキ、刺激多き毎日に心浮かれていたのですが、痛い目に合う下半期がやってきます…。

2016年下半期

▼7月
車で単身事故。その後、イチョウの葉からお茶をつくろうとしてアレルギー症状発症。

参照: クスリと毒は紙一重!体験したからこそわかる、山に暮らす中で気をつけるべきこと。

私生活としていいことは、コーヒー焙煎をはじめたことくらいでしょうか…。

参照:数年前まで珈琲を飲めなかった私も、ついに自家焙煎珈琲はじめました!

▼8月
バイクで単身事故。全治2か月のケガを負う。

しかしそれに負けじと、このころから愛農かまどプロジェクトをスタート。

▼9月
京都の種麹やの老舗「菱六」さんに麹づくりについて学ぶ
生まれてはじめて蜂の子をもらう

参照:滋養たっぷり!酒のあてにたまらない「蜂の子」のおすそわけをもらった話

しかしその後、スズメバチの怨念か、スズメバチに刺される。

▼10月
無事に迎えた稲の収穫!

参照:25歳女子、はじめての田んぼの稲刈りは、ハザ掛け天日干し!

▼11月
大阪での移住相談会で登壇

参照:「移住がすべてではなく、大切なのは選択肢を増やすこと」大阪での移住相談会を終えて。

引き続き、稲刈りはつづき、ようやく迎えた新米を食べる時期!

▼12月
7月にとったわな猟免許をようやく生かすときがやってきた。というわけで、罠を仕掛けました。

参照: 25歳女子、わな猟免許をとってからはじめて罠をしかけてきました!

お菓子づくりの教室に通ってみる

参照: 感激!菓子づくり初心者の20代女子でも、お洒落なケーキはつくれる!

下半期の前半はケガをしたり車を壊してお金がとんでいったり、なかなか大変な時期でしたが、その後は季節の仕事(柚子、すだち、栗、むかごを使って料理や加工)を楽しんだり、かまどを無事に完成させることもできたし、大満足な一年となりました。

一度は病気にかかりかけた稲も、まったく薬を頼らずしてたくましくそだってくれ、それを今ありがたく毎日の食卓でいただけること、本当にうれしい限りです。


来年に向けて

自然の循環の中にとけ込むような暮らしをしたい。より土に近い暮らしをしたい。

そう思ってこの地に飛び込んできました。

昨年、2016年の目標を掲げてみたんですが、ここには3つのやりたいことがありました。

①狩猟
②お茶の自給
③かまどづくり

なんと驚くことに、この一年でまだまだ成長途中ではありますが、どれも手をつけることはできました。

ここに来てから、四季の移ろいを「食」を通じて体感できることがなにより幸せで、やっぱりわたしにとって食べることってなによりも大切だと感じています。

来年はもっとここにフォーカスをあてて、極めていきたいと思っております。

またそれは新年明けてから2017年の目標として記事にします!

我が家では、年越しに向けて、手打ちそば(極太)と手づくりのいなり寿司で新年を迎えます。
P1010316

それでは今年も大変お世話になりました。

あと残りわずかな2016年を全力でお楽しみください!

わたしもこれから恒例「北の国から」をみて新年を迎えます〜!

ではまた来年。


SNSでも発信中!

Instagram




スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

91年滋賀県生まれ。本山町地域おこし協力隊、 猟師見習い、フォトグラファー、ライターやってます。 カナダに永住する予定が、高知に移住し、山師の夫と結婚。0歳の息子と3人で山暮らし。 自分らで切った木で家をセルフビルドするのが直近の目標!