[京都]ケーキ中毒の20代女子が勧める「PETIT JAPONAIS(プチジャポネ)」のお菓子が逸品すぎる







こんばんは。せいか(@seyca_ktd)です。

高知に来てからここぞ、というケーキ屋になかなか出会えず、しょんぼりとしている日々を送っている今日この頃。

「おいしいケーキを求めて悩むくらいなら自分で作れるようになりたい。」とあるときから思い始め、今日明日と2日間、土佐山というところへ焼き菓子工房ができたので、ついにケーキを本格的に習うことに。

またそのことは明日にでもブログ記事にしようと思いますが、それくらいにわたしのケーキへの欲望はしつこいのです。

そんなわたしが恋しくなる、京都のケーキ屋さんを今回はご紹介。




グルメの町・京都でみつけた大好きなケーキ屋さん



京都のパティスリー&カフェ「PETIT JAPONAIS(プチジャポネ)」。

女性のパティシエさんが経営されており、「一口食べて幸せを感じる」お菓子をモットーにケーキをつくられています。

四条東洞院を下がっていくと、仏光寺通りという通りがありますが、その東に位置します。

高知に来てから、一番恋しいケーキ屋さんかも。

実はわたしの地元である滋賀県にも素敵なケーキ屋さんがたくさんあるのですが、京都のお店で一番のパティスリーを挙げるならまちがいなくここ。

そんなケーキ屋さんを訪れたときの、ちょっと前のレポートですが、今も変わらない様子なので、ぜひたくさんの方にあの「しあわせな一口」を知ってほしいので今回思い出して書いてみました。

味も相性。ここのケーキはほっと一息つけます。
IMG_0570
フランス菓子の定番、タルトシトロン。レモンのタルトです。

こちらのお店の2階部分に、持ち帰りができなかったり、この場所で食べたいという方のために設置されたかフェスペースがあります。

そのような意図をもって設けられた場所なので、長時間の滞在はNG。

でもそれもパティシエさんの想いがあってこそのこと。

そのへんを理解しながら、おいしくケーキをいただきたいもんですね。

さて肝心なケーキのお味。今まで何度か訪れたけど、これが一番大好きだった。味は酸味がキュッと効いてて、さっぱりおいしく、何度でも欲しくなる味。

なによりも見た目が美しくて惚れ惚れしてしまう。

その後いただいた焼き菓子の「よもぎのマカロン」もとってもおいしかった…。
IMG_0571

こういうお菓子がつくれたら自分もこういう地方で活動の幅が広がるんだろうなあなんてことを思いながら、日々失敗しつつも自分なりにお菓子づくりをやっております。

というわけで、京都でおいしいケーキ屋さんを求めているあなた。ぜひプチジャポネへ!


「PETIT JAPONAIS(プチジャポネ)」の詳細はこちらから

パティスリー&カフェ「PETIT JAPONAIS(プチジャポネ)

[住所]

〒600-8096 京都市下京区高橋町605-2 (東洞院仏光寺東入る)
[電話番号]
075-352-5326
[定休日]不定休
[営業時間]販売*
12:30 – 20:00 日/祝 12:30 – 19:00
     カフェ*
12:30 – 19:00 (L.O.18:30) 日/祝 12:30 – 18:30 (L.O.18:00)

それでは、今回はこれにて!また!

SNSでも発信中!

Instagram