[本山町]大石地区恒例!農民運動会に参加してきた




こんばんは。せいか(@seyca_ktd)です。

さて、昨日は田んぼを借りている地域、「大石」という集落でちょっと変わった運動会がありました。







日本の農家の文化を伝える。その名も「農民運動会」!


なんとこの運動会の話を友人たちにしたところ、フランスからお遍路に来ていた友人と、東京から稲刈りを手伝ってくれていた友だちが今回の運動会のために、再び本山町に遊びにきてくれました。

今回で第33回目を迎える「農民運動会」。
PB240055

一昔前は参加者が300人を超えることもあり、本山町南部の他のエリアからも参加されていたそう。

しかし過疎高齢化が進み、次第に参加者が減りつつも、地元住民の有志の方によって、この文化が継承されているのです。

「一度やめたら、なかなか復活させられないからね。」
という地元の方のその一言の言葉の重みを感じたのでした。

そういう文化継承の姿勢に感銘を受けたのはもちろんですが、その話がなくても、この運動会、とっても個性的な競技が多く、すごくおもしろかったので、本当にオススメ行事。

こんな個性溢れる競技がありました。
PB240027
最初はお決まりの「玉入れ」。
通常入れるところはひとつのはずなんですが、ここの運動会は、その自分チームのカゴの下に、相手チームのカゴまで設けられていて、そこに入っちゃうと相手チームの得点になってしまうというもの。

そしてお次は「THE田役」。
PB240038
昔ながらの方法で土嚢袋を運びます。男性は40kg。女性は20kg。
千鳥足になりながら、どちらが早いか競うというもの。

その他にもちがう地域でも定番の藁をつかって長い縄をつくる「縄ない競争」。
PB240048

しかしわたし含めた初心者チームは縄のない方を知らないので、地元のおんちゃんに教えてもらうところから。
PB240040
でもやっぱりむずかしい。

そしてなんと誰が一番きれいに縄をなえるのかという個人戦までもが。
PB240054

さらには藁をつかった競技はつづく。
PB240057
こちらは「ハデ掛け競争」。チームで竹を組み、藁を縛って掛けたら、それを元通りに片付けるまでを競うというもの。

そしてお次は早食い競争。その名も「米の消費拡大」!
PB240059
おにぎり、いなり、カレー、太巻き…。

PB240061
比較対象がなくてわかりにくいですが、こんなにでかいいなり寿司も。

カレーは激辛ということで、タバスコを大量にかけていました。
PB240060

協力隊の同期のがんこちゃんもがんばって出場をしてました!
PB240063

そしてその他にも、高知ならではの競技もあったり…。

〆は今年からはじめて取り入れたという「稲作」をテーマにした田植えの競技も。
PB240091
フランスからの友人も稲をせっせと植えています。

これはもっと来年改善される模様…!?

はじめての農民運動会を終えて。


そんなこんなで、ただ体力があって、若いだけじゃ勝つことは決してできないのがこの運動会のおもしろいところ。

ここのは本当に「農業」にテーマを絞った競技が多くて、農業に関心のある人は来年ぜひご参加あれ。

とってもおもしろかったー!絶対地域の行事の目玉になれる!

というわけで、わたしも来年、ぜひ再び参加したいと思ったのでした。

それでは、今回はこれにて!また!

SNSでも発信中!

Instagram




スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

91年滋賀県生まれ。本山町地域おこし協力隊、 猟師見習い、フォトグラファー、ライターやってます。 カナダに永住する予定が、高知に移住し、山師の夫と結婚。0歳の息子と3人で山暮らし。 自分らで切った木で家をセルフビルドするのが直近の目標!