わたしの住む町「本山町」の地域おこし協力隊になりませんか?




スポンサーリンク





こんばんは。せいか(@seyca_ktd)です。

田舎暮らしをしたい方に朗報です。

わたしの住む町、高知県は本山町でまたまた林業枠に加えて、地域おこし協力隊の別枠での応募もはじまりました。

詳細はこちら(役場HP)から。
09

本山町で現役地域おこし協力隊の農業振興員として任務遂行中のわたしが全力でおすすめしますよ、この町での、この仕事!

林業をするにはうってつけの場所!


というわけで、まずは林業振興員が2名募集されているということで。

現場からリアルな話。

わたしの彼は、本山町で地域おこし協力隊の林業振興員を経て、春から「山番」という有限責任事業組合(LLP)を立ち上げました。

実際にこのシステムをつかって起業して、それでやっていく先輩がいるってかなり強みなんじゃないかと思います。

また彼とその仕事仲間の方々が抱く山への想いも、魅力のひとつ。
DSC_5093
参照:【高知県嶺北・本山町】森を守る男たちは語る。100年後の山のために今できることは?──ばうむ・藤川豊文×山番LLP・川端俊雄【師弟対談】

「林業の6次産業化」で木材の価値を高めて販売していく。

すでにこの町には、ばうむ合同会社という間伐材を製品化して販売している会社もあり、これからますます林業がおもしろくなっていきそうな空気がぷんぷんしております。

自然ってすべて循環してて、山があるから、川ができて、そこから海に流れていく。

そう考えると循環型社会をめざすのであれば、一番に手がけるべきは「山」なんですよね。
DSC_2740
山ありきの今のわたしたちの暮らし。

わたしも農業振興員とは言いつつも、年明けにはチェーンソーの講習会も受けるし、じわじわ林業の世界も垣間みれたらいいなあなんて思ってます。

田舎のいいところは、仕事をひとつに絞らないで、複業しているひとが多いところ。

裏を返して言えば、そうしないと生きられないってことなんだけど、それがとってもかっこいい生き方だと思うんですよね。

彼を見ていても、間伐をする期間は盆過ぎ〜春先くらいなので、夏だと、これから製材の仕事とかもあるんだろうけど、それ以外にも「花火師」だったり「塗装屋」さんだったり、いくつもの顔があって、最近米づくりにも楽しみを感じつつあり、『百姓』ってこうやってなっていくもんなんだろうなあ、と刺激を受けまくってます。

兎にも角にも、まずはこの町がどういうところか、足を運んでみるのが第一歩!

林業気になるわ!本山町で地域おこし協力隊、どんな感じ?っていうリアルな声が聞きたければ、Twitter@seyca_ktdでもFacebookでも気軽に連絡くださいなー!

なんなら、新米も振る舞いますよ。

参照: 「身土不二」を感じる、24歳からはじめた米づくり。気になる新米の味は!?

残りの2枠は「アウトドア事業推進活動」「地域企業支援活動」!


まずは「アウトドア事業推進活動」DSC_0603
こりゃ完全に未知なのでなんとも言えませんが、わたしもこの平成30年に完成される「mont-bell」の施設ができるということで、ラフティングのガイド養成講座に通いはじめています。

近くにはラフティングの聖地、大歩危小歩危(徳島県)がありますが、ここらは緩やかな流れをつかってのラフティングで子ども向けなんだとか。

それでも実際体験してみたら、ザッブンザッブン程よく波はあるし、初心者には大満足なコースでした。

アウトドアが好きな方、これから自然の中でカラダ動かしまくりたい!なんて方には最高なんじゃなかろうか。

そして「地域企業推進活動」

最近では本山町農業公社が、地元の八重桜をつかった「さくら塩」や玄米ポン菓子からつくった「お米のグラノーラ」、その他たくさんの本山町ならではの加工品をつくりはじめていて、その波に乗っかって新しい商品開発をしてくれる人を探していることなんでしょう!

地域には地元の方は当たり前すぎて気づきにくいけど、ここにしかないイイモノがいっぱいあります。

最近では、山菜を商品として売っていこうなんて話もあるし、これから本山町の目玉商品も増えていきそうな予感。

ぜひとも

その追い風になってください。

応募締め切りは平成28年12月20日(火)!
というわけで、ご縁のある方はぜひぜひ本山町で一緒に地域おこし協力隊として働ける日が来ることをたのしみにしていまーす!

というわけで、今回はこれにて!それでは!

SNSでも発信中!

Instagram




スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

91年滋賀県生まれ。本山町地域おこし協力隊、 猟師見習い、フォトグラファー、ライターやってます。 カナダに永住する予定が、高知に移住し、山師の夫と結婚。0歳の息子と3人で山暮らし。 自分らで切った木で家をセルフビルドするのが直近の目標!