[京都]食べることの真髄を感じられる料理店「縄や」は京都郊外の必訪スポット!




スポンサーリンク





こんばんは。せいか(@seyca_ktd)です。

帰省からようやく帰ってきたかと思いきや、台風が高知県に直撃で今日はお仕事もお休み。

明日から仕事復帰!ひさしぶりすぎて変な感じ!

さて今回は、そんな帰省中に行ってきた京丹後市にある「魚菜料理 縄屋」さんの食レポです。

料理に感激しすぎて、今回訪れるのは4回目…!



はじめて訪れたのは3年前に、姉と。

あまりに、すべての料理がおいしすぎて舌鼓を打ちました。

その後2度ほど訪れて、今回は母の誕生日祝いを兼ねて姉と3人で行ってきた次第であります。

さて、そんな

魚菜料理 縄屋」さんのある京丹後市。
DSC_7147
ひっそりと住宅地に佇んであります。

店内もすごく素敵な内装。
DSC_7115

…というか、そもそも京丹後市、どこよ、それ?という方のために。


天橋立のわりとすぐそば、というと距離があるように思われるかもしれませんが、方向としてはそちらの方面。

京都縦貫道もあるので、京都市内などからもアクセスが抜群によくなってきました。


縄屋の昼の3000円コースをいただいてきました

まず飲み物から。
IMG_0399
近くにある伊根の「向井酒造」、同じ京丹後市で
魚菜料理 縄屋」のすぐそばにある「竹野酒造」など主には地元の日本酒を扱っておられます。

どちらの日本酒もわたしも大好きな酒蔵ですが、やはり地のお酒は地のお料理といただくのが一番!

その他、ワイン、果実酒、焼酎、ソフトドリンクも品揃え多数。

この京丹後市のある丹後半島って、ほんと食が豊かなところで、あの『富士酢』で有名な「飯尾醸造」もこちらの近くにあることから、ここの料理店でも取り扱っておられます。


我が家でも愛用してます。

さて、それではお料理がはじまります。

まずこちら。
IMG_0398
カワハギのお刺身。上にかかったジュレは、カワハギの出汁と梅肉を和えたもの。

そして、お次はこちら。
IMG_0400
網茸と栗の渋皮煮の茶碗蒸し。

中にゴロゴロっと甘〜い栗が。胡椒がとてもいいアクセントで、3人ともあまりのおいしさにうなる。

そこへ、カツオとスズキのお刺身。やはり丹後半島も海がすぐそばなこともあり、魚がおいしい!スズキの上には醤油のあんかけとオクラの刻んだものが。
IMG_0401

そして次なるお料理…!
IMG_0402
さわらの塩焼き。「やこうず」という野菜を発酵させたソースがついており、この1品がまたとっても感激するほどに美味しい。

はじめて訪れたときもこのさわらの塩焼きをいただいたのですが、そのときも感動したのを思い出す。

そして〆は炊きもの、ごはん、香の物。
IMG_0404
季節によって、ごはんの内容が異なります。

今日は「新生姜としらすのごはん」でした。

そして最後にデザート。
IMG_0406
レンコンもち。

この独特な食感と抹茶、そして小豆が甘さがいいハーモニー!それにしても、このレンコンもちの食感はくせになる。

というわけで、以上がコース内容でした。

今回もおいしくいただきました。次はぜひとも彼と行きたい!と思えるほど、ほんと大切な人を連れて行きたいと思える場所なのです。

郊外にあれど、行って損なし!


「魚菜料理 縄屋」の詳細はこちらから

魚菜料理 縄屋
DSC_7145

[住所]京都府京丹後市弥栄町黒部2517
[電話番号]
0772-65-2127
[定休日]
こちらからご確認ください

お昼、夜共に要予約です。

コースも値段によって異なると思うので、詳しくはお店の方に相談されるのがいいかと思います。

それでは今回はこれにて。ではまた!


SNSでも発信中!


Instagram




スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

91年滋賀県生まれ。本山町地域おこし協力隊、 猟師見習い、フォトグラファー、ライターやってます。 カナダに永住する予定が、高知に移住し、山師の夫と結婚。0歳の息子と3人で山暮らし。 自分らで切った木で家をセルフビルドするのが直近の目標!