[高知]コスパよすぎ!肉厚!高知でカツオを食べるなら「黒潮一番館」で!




スポンサーリンク





こんばんは。せいかです。

高知にいながら、カツオを食べるならここでしょ!っていう定番をまだ持てていないのですが、食べっぷりのある本場でいただくカツオのタタキに、ついに出会ってしまいました。

カツオの藁焼き体験もできる、お食事処。


IMG_5199
さて、やってまいりました「カツオふれあいセンター 黒潮一番館」!

黒潮町といえば、海。

ここにいくなら、サーフィン!だけでなく、ここもおすすめ。

参照: [高知]太平洋の恵みからつくり出すホンモノの塩を求めて。「ソルティーブ」の塩づくり体験に行ってきた

黒潮町はお塩づくりが盛んで、わたしも愛用しているお塩がいくつかあります。

もちろん、カツオの水揚げもこの町で行われており、まさにこのお店のすぐそばに市場があるのです。そりゃ、美味しいはずだ。


もちろん「かつおのタタキ定食」を注文!

さすがにここまできて、これを食べずにして帰れない。

注文して、外でスタッフの方が焼き始めます。
IMG_5186
藁がいっぱい!

IMG_5188
焼かれてます。

IMG_5192
ファイヤー!

さて、こんな余興もたのしめて、その後、お食事。
IMG_5195
写真で見ると、あまりわからないですが、結構な量なんです、これ。

このとき同行した女性陣は完食したのは私だけ…。

なぜそんな事態が起こるのかと言いますと。

まず、カツオがどでかい!分厚い!
IMG_5196
特製タレをお好みでかけていただきます。

そして数切れ残しておくと、お湯をごはんにかけてもらえるので、お茶漬け風にしてもいただけちゃうのです。
IMG_5197
ザ・食べさし!って感じの写真でごめんなさい。

でもかつおの風味がお湯に広がって、すごく美味しかった〜。

このメインディッシュに加えて、小鉢でポテトサラダ、お豆腐、芋の入ったかき揚げなどなど、結構お腹にたまるものがいっぱいだったのです。

コスパよすぎます。

また黒潮・四万十方面に行く際はぜひとも立ち寄りたいと思ったのでした。


ただ食べる?それとも体験する?詳細はこちらから!

IMG_5194

カツオふれあいセンター 黒潮一番館
[住所]
〒789-1720 高知県幡多郡黒潮町佐賀374-9
[定休日]火曜日
[営業時間]
11:00~15:00

[電話番号]
0880-55-3680

営業期間もあり、カツオの水揚げのある時期だけ営業されているとのことですので、11〜2月あたりに高知旅行するから行きたいな〜、なんて方はご注意を!

体験希望の方も上記の電話番号に、3日前までに要予約。詳しくは公式HPでご確認くださいませ。


それではまた!

SNSでも発信中!

Instagram




スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

91年滋賀県生まれ。本山町地域おこし協力隊、 猟師見習い、フォトグラファー、ライターやってます。 カナダに永住する予定が、高知に移住し、山師の夫と結婚。0歳の息子と3人で山暮らし。 自分らで切った木で家をセルフビルドするのが直近の目標!