[東京]小動物好きにはたまらない!ちょっとトラウマになるくらいにリスが集結している「町田リス園」のすすめ




スポンサーリンク


こんにちは。せいかです。

わたしは滋賀県という田舎生まれなんですが、祖母は父方も母方も大都会出身。

自分が求めている暮らしも、『田舎のおばあちゃん』っていう概念がなくて、
そこに憧れがあるっていうのも多少はある気がします。

今回ご紹介する場所も祖母の家から車ですぐのところにあり、
幼い頃もよく連れられて行きました。

子どもさんにはおそらく天国のような場所!(小動物が好きならば…)

「リスはともだち、まちだリス園」の看板が印象的!



りすがたくさんいる場所、「まちだリス園」。

入場料は大人400円、子ども200円。

入ってすぐのところには「ふれあい広場」というのがあり、
そこにはリスではなく、モルモットやうさぎがいました。
DSC_3414

そして今回メインでもある「放し飼い広場」。

そこに大量のリスがいました。
DSC_3447
リスって結構忙しそう。というか元気いっぱい!

朝と夕方は特に活発なんだとか。

100円でリスのえさを購入できるので、それを買えば、あなたも人気者…。

賢いリスたちが一気に群がってきます。
DSC_3458
可愛い。シマリス、昔飼っていたので懐かしいです。

ここにはタイワンリスとシマリスがいるのですが、
圧倒的にタイワンリスが多いので、その数には結構驚きます。

DSC_3444
えさを狙っているタイワンリス…。

タイワンリスの写真アーカイブもどきはこちらでお楽しみください


※※一部下ネタあり※※

なんと200匹のタイワンリスがいるということで、
そんな彼ら、彼女らの一部を撮影しておきました。

DSC_3432
常にどこかを凝視しているタイワンリスさん。

DSC_3439
狙ってる、狙ってる…。

DSC_3451
食べているのに必死なようだけど、ちょっと視線がこちらにきているような。

DSC_3457
さすが哺乳類のなかでもっとも性欲が旺盛なおリスさま…。

DSC_3478
やばい、こっちに飛んできそう。

大人になってからはじめて行きましたが、
なかなかシュールな場所でした。

そこにリクガメが登場するあたりがまたツボでした。
DSC_3533
すごい迫力。名前はサチコさん。

動物園とかってあんまり好きやないけど、
ここはみんなめちゃくちゃ自由に飛び回ったり、走り回ったり、
ちょっと自分も仲間になりたいとか意味わからん欲が沸いてきたので、
きっと子どもたちも楽しめるし、
大人も楽しめるはずです。

気になる方はぜひ行ってみてくださいませ〜。

そんな不思議な「まちだリス園」の詳細はこちら


まちだリス園

[住所]〒195-0071 東京都町田市金井町733-1
[電話番号]042-734-1001
[営業時間]平日・日曜・祝日 10:00~16:00


(4月~9月 日曜・祝日のみ 10:00~17:00)
※入園券の販売は閉園時間の30分前で終了。

[休園日]毎週火曜日(祝日の場合は開園、翌平日休園)
6月・9月・12月/第一火曜日~金曜日、12/27~1/2

[入園料]子ども(3歳以上小学生)200円 大人(中学生以上)400円

駐車場も平日であれば無料です。


というわけで、おすすめです。


それではまた!



スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

91年滋賀県生まれ。本山町地域おこし協力隊、 猟師見習い、フォトグラファー、ライターやってます。 カナダに永住する予定が、高知に移住し、山師の夫と結婚。0歳の息子と3人で山暮らし。 自分らで切った木で家をセルフビルドするのが直近の目標!