新居はなんと茶畑付き!おいしいお茶を求めて、三千里…。




スポンサーリンク


こんばんは。せいかです。

2016年に入ったときに書いた記事。

参考: 【賀正】2016年!高知に完全移住してからやりたい3つのこと

ここに今年掲げた3つの目標を書きましたが、
そのうちの1つが、「お茶を自給できるようになる」こと。

私も関わっているなんだかおもしろそうなプロジェクト「ゼロの家」にも、
茶畑があり、すでに茶刈りを一部終わらせてはいましたが、
パートナーの今度住む家の茶畑は手がつけられないままでいたので、
少し前に刈り込んできました。

参考: [高知]町外からでも立ち寄りたい「大田口カフェ」でひよこ豆カレーを食べてきた

↑この記事に少し「ゼロの家」での茶刈りの様子が記載してあります。

というわけで、そのパートナーの家の茶畑刈り込みのレポートです。

なんと茶木の高さは3mまで伸びまくり!




日本の煎茶といえばこれ!ってくらいよく植えられている茶木「やぶきた」という品種が、
敷地内のあちらこちらに植わっており、
段々畑のひとつのところには一面、茶木が順序よく植えられているのです。

しかし、放置されてしばらくたったこちらの茶畑。

もともと農薬も肥料も使われず栽培されていたようで、
もうひとつ敷地内にある茶畑を借りてるおばあちゃんが作るお茶も
まわりの人からは「美味しい!」と大評判のよう。

これからそのおばあちゃんにもお茶の炒り方とか習えたら嬉しいなあ。

さて、そんな思いがけず借りることのできた茶畑…。

背丈はなんと3mほどまで伸びきり、
手が届くとこらへんは、すべて枝・枝・枝…

IMG_3315

というわけで今日のミッションは「腰高まで伐採する」!


ひたすら刈る刈る刈る!でも休憩も忘れずに。




IMG_3321

というわけで、わたしはRYOBIのヘッジトリマー使いつつ刈りますが、
あまりにすくすく伸びた木々が高く幹が太すぎるので、半ば諦めモード。


というわけで、途中、高知の特産品「文旦」も食べつつ、
三年番茶を飲んで、こんなお茶つくりたいなあなんてこと思いながら、ゆったり。

IMG_3324
文旦が綺麗にむけたときの嬉しさったら!

しかもこの文旦はあたりで、果肉感もいい感じで、
酸味と甘さのバランスも最高でした〜。

友人からいただきものだったのですが、本当にありがたや。

ごちそうさまでした。

外で食べる果物(しかも農作業中)は、より美味い。

そうして気がつけば刈り終えられた茶畑の様子はこちら



というわけで、彼がばっさりと私がゆったりしている間に
すべて刈り込んでくれていました!
IMG_3335

まわりの山の景色もいい感じ。

ほんで茶畑もさっぱり。

超ロンゲから坊主になった感じやね。

あとは春に向けて、新芽よ、伸びてくれー!

***おまけ***

今回刈り取った茶木も無駄なものでは決してなく、
番茶としても飲めるので、
ちょっと試しに炒ってみようということに。
IMG_3339

…しかし、最初はうまくいくわけもなく。

ワイルドな野生のお茶の味でした。

まだまだおいしいお茶の探求は続きそうです。

というわけで今回はこれにて!

ではまた!