カナダ人はみんな知ってる!?クリスマスになると思い出す映画『グリンチ』は子どもがいる家庭なら必見!




スポンサーリンク




メリークリスマス!
DSC_9897_2
この時期に街をうろうろしているとイルミネーションがついつい撮りたくなってしまいます。

どうも、せいかです。

大好きなこのシーズンがやってきました。

今日はいつもとは違った記事の感じになるでしょうが、おすすめのクリスマスになったら見たい映画をご紹介。

私が高校2年生のときにカナダのビクトリアに留学していたときに、知った映画で、ハマりまくって何度も見て、絵本まで購入してしまいました。

それまではクリスマスになるといつも思い出すのは『スノーマン』でした。

スノーマン [DVD]
NHKエンタープライズ
2013-11-22



これは少年とスノーマンの友情を描いた、ほっこりするストーリーですが、今回ご紹介するのはそれとは完全に対照的なストーリーです。

グリンチ [DVD]
ジェームズ・ベルーシ
ジェネオン・ユニバーサル
2012-04-13



タイトルは『グリンチ』。英語だと”How the Grinch Stole the Chirstmas”。

日本でもDVDになってるんですね。知らなかった!

ちなみに絵本が先に出ています。

グリンチ
ドクター・スース
アーティストハウス
2000-11



カナダやアメリカだとあまりに有名すぎるクリスマスといえばこの作品!ってくらいのもの。

というより、作者のドクター・スースがかなり有名な人で、これなら見たことある人いるんではないでしょうか。

The Cat in the Hat
Dr. Seuss
Random House Books for Young Readers
1957-03-12



ちなみに、その『グリンチ』の大まかなストーリーの説明をしておくと、主人公でもあるグリンチはクリスマスも人間も大嫌いで、でもそんな彼は実は孤独感でいっぱいの生き物だったり。

クリスマスを楽しむ人間たちからその楽しみを奪ってやろうといたずらをたくさんしていくのですが、それからの発展がすごく痛快で面白いのです。

このアニメの挿入歌も結構好き。


子どもとみるにも最高の作品です。

ちなみに映画はジム・キャリーが主演!

おもろくないわけがない。

というわけで、本場カナダやアメリカのクリスマス気分を味わうのにも、ドクター・スース作の『グリンチ』、見てみてはいかがでしょうか?

DSC_9767_2

それでは素敵な夜を!



スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

91年滋賀県生まれ。本山町地域おこし協力隊、 猟師見習い、フォトグラファー、ライターやってます。 カナダに永住する予定が、高知に移住し、山師の夫と結婚。0歳の息子と3人で山暮らし。 自分らで切った木で家をセルフビルドするのが直近の目標!