[高知]住宅街に突如現れる愉快な居酒屋さん『味劇場ちか』に行ってきた




スポンサーリンク




こんにちは。せいかです。

現在高知県にまた遊びにきていて、いろんなところをうろうろしながら暮らしています。

今回は2週間ほどの滞在ですが、毎日充実しています。

さて、今日はそんなうろうろした中で素敵だと感じた、こんなところ。



BRUTUSにも取り上げられたり、結構注目度の高い居酒屋さんで、ここは雰囲気もよし、ごはんもおいしい、つまりは最高でした。

名前の通り、そこはまさに劇場のようでした


お店の名前は『味劇場ちか』

店内の雰囲気はもうそれは、劇場そのもの!

建てものは3階建てで、今回は2階でごはんをいただきました。
IMG_2315
2階は1階の厨房を覗き込める形のカウンター席に、テーブル席も1つありました。

IMG_2319
ちょっと下を見ると厨房が!なかなか面白い風景。

IMG_2321
この提灯がまたなんとも劇場の雰囲気をぐっとよくしてくれています。

「ミス四万十」ってなんやねん!ってなったそこのあなた、行くべきです。

四万十の郷土料理を堪能してきました

まずは「清水サバ」のたたき。
IMG_2320
かつおのたたきと同様、生のにんにく付き。

生でにんにく食べる地域って他にあるのだろうか、といつも疑問に思いつつ、おいしくいただいています。

そしてしめ鯖じゃないサバを食べられるなんて、なんて幸せなんだろう〜。

IMG_2326
土佐ジローという高知名産の卵を使った「だしまき玉子」。

IMG_2323
「ごり」の唐揚げ。四万十名産の川魚。

これは完全に酒のアテです。おいしくて、パクパク、箸がとまらない。

IMG_2325
「青さのり」の天ぷら。

塩でも出汁でも好みで食べられます。

これはなかなか斬新なメニュー!

油に負けず、一
口かじると青さのりの香りがぶわっとぶつかってきます。

(それくらいインパクトあった)

これは面白いので、ぜひ食べる価値ありです。

ちなみにBRUTUSで人気だったのは、焼きサバ寿司なんだとか。

今回はそんなにお腹に余裕なかったので、これは次回試してみたい。

さらにこんなおもしろいシステムが!


店内に入って、座ってしばらく何があるかと物色していると目につくものがあります。

それが、これ。
IMG_2322
なんとびっくり!
料理はすべて古式エレベーターで1階から2階へと運ばれてきます。

これは本当に劇場でみる劇並の面白さです。いや、むしろそれ以上!

明るく元気なスタッフの方の対応もすごく素敵でした〜。

『味劇場ちか』へのアクセスと詳細


『味劇場ちか』

[住所]高知県四万十市中村新町一丁目39-2

[営業時間]17:00~23:00
[定休日]無休
[電話番号](0880)34-5041

四万十市に行く機会あればほんと行ってみてください。おすすめです。

ではまた!



スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

91年滋賀県生まれ。本山町地域おこし協力隊、 猟師見習い、フォトグラファー、ライターやってます。 カナダに永住する予定が、高知に移住し、山師の夫と結婚。0歳の息子と3人で山暮らし。 自分らで切った木で家をセルフビルドするのが直近の目標!